オンライン化学データベース 搜索 | 广告

Home >> Products >> いもち病
 




いもち病

いもち病は水稲病害の一つの重要な、大幅に減産を引き起こすことができて、深刻な時40~50%減、甚だしきに至ってはまったく収穫がない。世界各稻区均一発生。この病気は、各地で発生して、その中は葉部、節部が多く、発生後に程度削減、特に穂首疫病や疫病発生の早いで重いことを引き起こすことができ白穗绝产。近年、広東いもち病年に起きた面積は少なくとも50万ムー、そして年々増加傾向が現れて、局部の大爆発は珍しくないが、現在、いもち病発生する可能性がある省域内のいかなる時代、いかなる季節。

いもち病(稲熱病)とは、イネに発生する主要な病気の1つ。単に「いもち」と呼ばれることも多い。欧米では、「イネの爆発(Blast of rice)」、「イネの疫病(Rice blight)」などと呼ばれる。

そもそも、「いもち」という名前が付けられていることから推察できるように、古来から稲に発生する定型的な病気であり、最も恐れられてきた。いもちが広範囲に発生した圃場では十分な登熟が期待出来なくなり、大幅な減収と共に食味の低下を招く[1]。文書に初めて登場するのは1637年の明における記録である。その後、日本(1704年)、イタリア(1828年)でも記録された。

いもち病は、イネがイネいもち病菌(学名:Magnaporthe grisea またはM. oryzae、シノニム:Pyricularia oryzaeなど)に感染し発病することで起きる。イネいもち病菌はカビの一種であり、子のう菌に分類される。イネいもち病菌のアナモルフPyricularia griseaである。感染のメカニズムは、まず無性世代の分生子が葉に接触すると刺激で粘着質が分泌されて葉に付着する。分生子が湿度で発芽することによって付着器となり、内部で生成されるグリセロールの圧力(80気圧にも達する)により菌糸がクチクラ層を突き破って植物体に侵入する。それとほぼ同時に細胞内部にメラニンが生成されて細胞壁の強度を高める(メラニンが生成されないと感染はできないことが立証されている)[2]

イネいもち病菌のゲノム解読は2005年に達成され、その結果、いもち病菌の染色体数は7であり、DNAは酵母の3倍、ヒトの80分の1であることが判明した[3]

イネの品種によっても、いもち病に対する抵抗性には違いが見られ、コシヒカリやササニシキはかなり弱く、あきたこまちは並、日本晴はやや弱い程度である。

This entry was posted in Uncategorized by . Bookmark the permalink.
 
 
114703-66-1 MSDS