オンライン化学データベース 搜索 | 广告

Home >> Products >> カルニチン
 




カルニチン

カルニチン(L-carnitine)L -カルニチンやと音訳カーニー丁は、一種の脂肪をエネルギーに転化するアミノ酸の類、肉は赤いカルニチンの主な原因は、人体の無毒の副作用。異なっているタイプの日常の飲食は含まれ5-100ミリグラムカルニチンだが、一般の人には毎日ただから食事の中で50 mg摂取吸収が少なく、菜食主義者。カルニチンの主な生理機能は脂肪をエネルギーに変わり、カルニチンを飲むことで、体脂肪を減らす、低体重の減少とともに、水分や筋肉、2003年に国際肥満の健康な組織の認定を最も安全と副作用のダイエットの栄養補給品。

カルニチン
IUPAC命名法による物質名
3-ヒドロキシ-4-トリメチルアンモニオブタン酸
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制  ?
投与方法 経口、IV
薬物動態的データ
血漿タンパク結合 無し
代謝 僅か
排泄 尿(> 95%)
識別
CAS登録番号 541-15-1
ATCコード A16AA01
PubChem CID 10917
DrugBank APRD01070
ChemSpider 282
KEGG C00318
化学的データ
化学式 C7H15NO3 
分子量 161.199 g/mol

カルニチン(carnitine)とは、生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体である。

立体異性体のうち脂質代謝に利用されるのは L-カルニチンのみであり、エナンチオマーのD-カルニチンは活性がないとされている。日本においては、食品分野で利用されるL-カルニチン、希少疾病用医薬品であるレボカルニチン、胃薬として使用されるDL-カルニチンがある。以下は特に断らない限りL体について記述する。分子式は C7H15NO3、分子量 161.20、CAS登録番号(L体)541-15-1。

This entry was posted in Uncategorized by . Bookmark the permalink.
 
 
114703-66-1 MSDS