オンライン化学データベース 搜索 | 广告

Home >> Products >> 光触媒
 




光触媒

光触媒PHOTOCATALYSISは光Photo=ライト触媒(触媒)catalystの合成語。光触媒は一種の光に照らされ、自身の変化を促進することができないのに、化学反応の物質は、自然界の光光触媒を利用して存在する転換に化学反応に必要なエネルギーを発生させ、週囲の触媒作用、酸素や水の分子を割が酸素化力の自由なマイナスイオン。ほとんどすべての人体に対して分解と環境有害な有機物質と部分の無機物質だけではなく、加速反応も、運用自然界の侓与えないかも、資源の浪費と付加汚染形成。最も代表的な例を植物の光合成」、二酸化炭素を吸収し、光や水に転化して酸素。

光触媒(ひかりしょくばい、英: photocatalyst)は、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称である。また、光触媒作用は光化学反応の一種と定義される。

通常の触媒プロセスでは困難な化学反応を常温で引き起こしたり、また化学物質の自由エネルギーを増加させる反応を起こす場合がある。天然の光触媒反応として光合成が挙げられるが、人工の化学物質を指すことが多い。英語で光触媒の作用は photocatalysis と呼ばれる。

This entry was posted in Uncategorized by . Bookmark the permalink.
 
 
114703-66-1 MSDS