オンライン化学データベース 搜索 | 广告

Home >> Products >> 接触改質
 




接触改質

接触改質:ある触媒作用の条件の下で、ガソリン留分中の炭化水素分子構造の再配列新たな分子構造の過程と接触改質。石油精製過程の一つで、加熱、水素圧や触媒存在の条件の下で、原油蒸留所得の軽ガソリン留分(またはナフサ転換を含む)成富炭化水素のハイオクタン価ガソリン(立て直しガソリン)し、副産液化石油ガスと水素の過程。改質ガソリンは直接にはガソリンの調合組分も経炭化水素を吸って精製するベンゼン、トルエン、キシレン。副産の水素は石油製油所水素装置(例えば水素精製、水素分解)で水素の重要な源。

接触改質(せっしょくかいしつ、catalytic reforming)とは、石油精製において原油を蒸留することで得られたガソリン留分のオクタン価を触媒反応によって高めるプロセスのこと。リホーミングリフォーミング(Reforming)とも呼ばれている。

This entry was posted in Uncategorized by . Bookmark the permalink.

接触改質

接触改質:ある触媒作用の条件の下で、ガソリン留分中の炭化水素分子構造の再配列新たな分子構造の過程と接触改質。石油精製過程の一つで、加熱、水素圧や触媒存在の条件の下で、原油蒸留所得の軽ガソリン留分(またはナフサ転換を含む)成富炭化水素のハイオクタン価ガソリン(立て直しガソリン)し、副産液化石油ガスと水素の過程。改質ガソリンは直接にはガソリンの調合組分も経炭化水素を吸って精製するベンゼン、トルエン、キシレン。副産の水素は石油製油所水素装置(例えば水素精製、水素分解)で水素の重要な源。

接触改質(せっしょくかいしつ、catalytic reforming)とは、石油精製において原油を蒸留することで得られたガソリン留分のオクタン価を触媒反応によって高めるプロセスのこと。リホーミングリフォーミング(Reforming)とも呼ばれている。

This entry was posted in Uncategorized by . Bookmark the permalink.
 
 
114703-66-1 MSDS