オンライン化学データベース 搜索 | 广告

Home >> Products >> 硝酸エステル
 




硝酸エステル

硝酸エステルは危害性、吸入後、頭痛、嘔吐や麻酔を引き起こすことができることをメトヘモグロビン血血症。吸入後に現場から離れて空気を呼吸道のように、流暢に呼吸困難、酸素のように、呼吸停止、直ちに人工呼吸や。硝酸エチル遇明るい火、高熱にきわめて容易に燃え上がり爆発。と還元剤が強い反応。熱分解放出有毒の酸化窒素ガス。

硝酸エステル(しょうさんエステル、Organonitrate)は硝酸のエステルであり、部分構造 R-ONO2 を有する化合物を指す。自然分解により酸化窒素を発生しこれが触媒となって自然発火を起こすことが特徴として挙げられるが、硝酸エステル類の自然発火に起因した事故は近年でも起こっており、取扱いに関しては最も留意すべき物質のひとつである。そのため硝酸エステル類は第五類危険物に指定されており、10キログラム以上を取り扱ったり保管したりする場合は、消防法に定められた規則にのっとった設備・施設、および危険物取扱者による作業または監督が必要となる。

This entry was posted in Uncategorized by . Bookmark the permalink.
 
 
114703-66-1 MSDS