セシウム137

セシウム137は金属-セシウム同位体の一つで、は銀白色で、質が柔らかくて、化学的性質はきわめて活発で、遇水が爆発し、放射性が強い、人体の摂取量0.25Gy未満は安全範囲を超えこの値は、造血係、神経係の損傷は、非正常出産はから不妊;人体摂取量を超え6Gyが人を死亡させた。セシウムは工事中に使われる鋼管溶接中の工業の欠陥があるので、放射性、普段貯蔵容器内で鉛。「セシウム- 137”は1種の重金属、と「ウラン- 235」に属している放射性物質中毒組。

分子蒸留技術

分子蒸留は1種の特殊な液–液分離技術、それは異なる伝統蒸留頼り沸点差で分離原理ではなく、違う物質の分子運動の平均自由行程の差が実現分離。液体の混合物が流れに沿って加熱板を加熱し、軽い、重分子が漏れる液面ため入る気相、軽い、重分子の自由行程が違うので、違う、物質の分子から液面逸出後移動距離によって、もし適切に設置ひとつの凝縮板は、軽い分子に凝縮板凝縮排出し、重分子に達しない凝縮板に沿って混合液排出。この物質の目的に達し、分離。

ヘキサフルオロプロピレン

ヘキサフルオロプロピレン、hexafluoropropylene、無色無臭ガス、マイクロ溶けエタノール、エーテル。強酸化剤、可燃性や可燃物。

ヘキサフルオロプロピレン
識別情報
CAS登録番号 116-15-4 チェック
RTECS番号 UD0350000
特性
化学式 C3F6
外観 無色の気体
密度 1.332 g/mL, 20 °C(液体)
融点

−153 °C, 120 K, -243 °F

沸点

−28 °C, 245 K, -18 °F

水への溶解度 不溶
危険性
主な危険性 有害 (Xn)
Rフレーズ R20, R37
Sフレーズ S41
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

ヘキサフルオロプロペン (hexafluoropropene)、別名ヘキサフルオロプロピレン (hexafluoropropylene) は、化学式 C3F6 で表される有機フッ素化合物である。プロピレンの水素原子がすべてフッ素原子に置換した化合物で、有機合成化学における中間体として使われる[1]

核苷

窒素塩基とあめの組分縮合成のシドという核苷。もともとから核酸のプリンとジアジンシド(会うニン)は現在、広がって他の天然と合成のヘテロ環塩基核シドも含め、砂糖のC 1接続ヘテロ環塩基の酸素原子または炭素原子の化合物。は塩基と5炭糖(リボースやデオキシリボ)につながって、つまりプリンのN-9やジアジンのN-1とリボースやデオキシリボのC-1βグリコシド結合を通してつながって化合物を含む、リボース核苷とデオキシリボ核苷二類。RNAの核苷リボース核苷構成は、主にアデノシン、鳥、胞苷と尿苷ニン。DNAを構成する核苷デオキシリボ核苷は、主にリポアデノシン、リポ鳥ニン、デオキシシチジンと脱胸アデノシン。

ヘンリー・モアッサン

化学元素発見史上最長の化学家、参加人数はかなり危険が大きく、モー元素フッ素の製した。ために調製出単体フッ素、前後で経験した六、七十年の時間。多くの化学家の健康を害した、甚だしきに至っては自分の命を犠牲した、といえるの化学の発展史の中で1段の悲壮な過程。最後にこの問題を解決する化学家とはフランス学者ヘンリー・モアッサン。

河北大学の化学と環境科学学院

河北大学の化学と環境科学学院の前身は1951年創設の国立津沽大学、天津師範学院の化学係、後にいくつもの変更は、1960年に命名して河北大学化学係、2000年に統合既存化学係と学校か化センター資源の基礎の上に、改名化学と環境科学学院。学院常に学科建設を筆頭に焦点を当て、内包の発展を強化し、質を形成し、理工結合、理論と実踐の両立に学科専門システム。学院は化学、材料科学、環境科学3学部と1つの河北省実験教育モデルセンター。

石漆

石漆、古称「石油」を「石漆”、そして液肥、脂の水などによると。中国は約前漢時代を発見したが、石油。現代の「石漆」と1種の化学原料とし、その製品の原料の特徴は使用後は光の下で生じる象眼ダイヤモンドの反射効果、真石漆(倣石漆)、香港石漆、穴石漆などの分類。

炭層ガス

ガスは実はガスの英語の音訳語、英語はGas、ガスの定義はかなり広範で、それは単一のある種類のものではなくて、1種の主成分はメタンの一種のガス爆発しやすい。

トリホスゲン

名称:2(トリクロロメチル)炭酸エステルの略称:トリホスゲン、トリホスゲン構造簡式:Cl3COCOOCCl3英文名:Bis(trichloromethyl)carbonate英語略称:BTC沸点:203~206℃(一部分解)融点:78~81℃

トリホスゲン
{{{画像alt1}}}
特性
化学式 C3Cl6O3
モル質量 296.748 g/mol
融点

80 °C, 353 K, 176 °F

沸点

206 °C, 479 K, 403 °F

水への溶解度 加水分解
危険性
MSDS Fisher MSDS
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

トリホスゲン (Triphosgene) または炭酸ビス(トリクロロメチル) (Bis(trichloromethyl) carbonate) は、化学式が (Cl3CO)2C=O と表される有機化合物である。有機合成においてホスゲンの代替として、塩素化、脱水縮合などの用途に用いられる。トリエチルアミンなどの作用で分解し、ホスゲン3分子を発生する。

トリホスゲンは白色の結晶で、分子量 296.75、融点 82 ℃、沸点 203–206 ℃ (760 mmHg) である。ジクロロメタン、THF、ベンゼン、ヘキサン、クロロホルムなど各種有機溶媒に可溶。CAS登録番号は [32315-10-9] である。やや催涙性があり、湿気に弱いので冷暗所に密封保存する。

1880年、炭酸ジメチルに光照射下塩素ガスを作用させることで初めて合成された。しかしその化学的性質が詳しく調べられ、試薬として普及したのは一世紀以上後、1980年代後半になってからである。

炭層ガス

ガスは実はガスの英語の音訳語、英語はGas、ガスの定義はかなり広範で、それは単一のある種類のものではなくて、1種の主成分はメタンの一種のガス爆発しやすい。