トリホスゲン

名称:2(トリクロロメチル)炭酸エステルの略称:トリホスゲン、トリホスゲン構造簡式:Cl3COCOOCCl3英文名:Bis(trichloromethyl)carbonate英語略称:BTC沸点:203~206℃(一部分解)融点:78~81℃

トリホスゲン
{{{画像alt1}}}
特性
化学式 C3Cl6O3
モル質量 296.748 g/mol
融点

80 °C, 353 K, 176 °F

沸点

206 °C, 479 K, 403 °F

水への溶解度 加水分解
危険性
MSDS Fisher MSDS
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

トリホスゲン (Triphosgene) または炭酸ビス(トリクロロメチル) (Bis(trichloromethyl) carbonate) は、化学式が (Cl3CO)2C=O と表される有機化合物である。有機合成においてホスゲンの代替として、塩素化、脱水縮合などの用途に用いられる。トリエチルアミンなどの作用で分解し、ホスゲン3分子を発生する。

トリホスゲンは白色の結晶で、分子量 296.75、融点 82 ℃、沸点 203–206 ℃ (760 mmHg) である。ジクロロメタン、THF、ベンゼン、ヘキサン、クロロホルムなど各種有機溶媒に可溶。CAS登録番号は [32315-10-9] である。やや催涙性があり、湿気に弱いので冷暗所に密封保存する。

1880年、炭酸ジメチルに光照射下塩素ガスを作用させることで初めて合成された。しかしその化学的性質が詳しく調べられ、試薬として普及したのは一世紀以上後、1980年代後半になってからである。

α-ピネン

概況日文名称α-ピネン英文名称α- Pinene、2、6、6-Trimethyl-bicyclo3.1.1-2-heptene。分子式:C10H16。分子量:136.24。GB番号33642 CAS登録番号80-56-8

ピネン
識別情報
CAS登録番号 80-56-8 チェック , (混合物)
[7785-70-8] (1R-α)
[7785-26-4] (1S-α)
[2437-95-8] ((±)-α)
[18172-67-3] (β)
特性
化学式 C10H16
モル質量 136.24 g/mol
外観 液体
密度 0,86 g·cm−3 (α, 15 °C)[1][2]
融点

−62–−55 °C (α)[1]

沸点

155–156 °C (α)[1]

水への溶解度 Practically insoluble in water
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

ピネン(pinene)は、化学式がC10H16で表される有機化合物で、モノテルペンの1種。名称はマツ (pine) に由来し、その名の通り松脂や松精油の主成分であるほか、多くの針葉樹に含まれ特有の香りのもととなる。香料や医薬品の原料となる。

ピネンは六員環と四員環からなる炭化水素で、二重結合の位置が異なるα-ピネンβ-ピネンの2つの構造異性体が存在する。さらにそれぞれが2種の鏡像異性体をもつことから、ピネンには合計4種の異性体が存在する。

高炉スラグ

高炉スラグは製錬銑鉄時から高炉に排出の一種廃棄物は、1種の可溶混合物を採用して、多種の処理技術は多用途の貴重な材料。

フェムト秒であり化学

フェムト秒であり化学物理、化学の一本研究は極小の時間内に化学反応の過程とメカニズム。この分野では短いの時間間隔から約千万億分の1秒、つまり1フェムト秒であり、これは名の由来。

丁胺

一種類の化学物質、無色液体アンモニアの匂い。使う乳化剤、薬品、殺虫剤、ゴム品、染料の製造の中間体及び化学試薬。高温あるいは明るい火も爆発。

黄金桃グリコシド

日文名称:黄金桃グリコシド;英文名称:Hyperoside ;化学名称:4H-1-Benzopyran-4-one、2 -(3、4-dihydroxyphenyl)- 3 -(B – D-gala-ctopyranosyloxy)- 5、7-dihydroxy;分子量:464.37。

铁盐

铁盐含有三価の鉄イオンを指すの塩、高分子重合铁盐は一種の新型の浄水剤、主に水道水、工業給水浄化処理するのは、一種の完全に満たすことができる国に新たな飲み水・衛生規範需要の優先薬剤;同時に処理各種工業廃水、生活排水の方面によって、価格性能比は、ほとんど水中により優れて伝統のアルミニウム塩薬剤。

臭化タリウム

臭化タリウム;thallium bromide分子式:CAS登録番号:タリウムブロマイド、三臭化タリウムTlBr3と臭化タリウムTlBr 2種類。三臭化タリウムは黄色結晶固体。とても容易潮解茶色いを放つ臭素。は水に溶けやすいとアルコール。タリウムは臭化懸濁液30~40℃で臭素酸化蒸発し、後にドライアイスに冷却が4水塩を針状結晶。もし、真空に蒸発生成水塩(まだシステム無水塩)、減圧蒸発この塩を一部臭素、TlBr・TlBr3、は水に溶けやすいのは、Tl3臭化タリウムT1Br:薄い黄色固体等軸晶係を持って、クロロセシウム型結晶構造。密度7.463g / cm 3(18℃)。融点459℃。沸点819℃。遇光は浅灰恐怖を黒。加熱、融点以下を昇華し、溶けて分解。

斯ウェイドベリー

斯ウェイドベリーはスウェーデン有名な物理の化学家、1908年獲博士学位発表した『コロイド溶液の理論研究』、反響。発明した超遠心分離機をために高分散コロイド物質の研究は、1926年ノーベル化学ボーナス。

よう化第一タリウム

よう化第一強いタリウムを引き起こす神経毒、中枢神経係損害及び週囲神経症、肝や腎を損なう。この物質は環境が危害、特に注意すべきは、水や空気の汚染。廃棄の際に応じて国と地方の関係法規の要求を処理したり、メーカーやメーカーと連絡して、確定処理方法。