さいこサポニンA

さいこサポニンAは繖形科の植物の根さいこ経エキス、精製製の粉末。さいこサポニンA抗炎症作用、抗ウィルス、抗がん剤の役割に加えて、コレステロール、肝臓を保護の効果。さいこサポニン経口消化吸収に弱く、臨床の上で通常使用注。さいこサポニンは明らかな溶血作用、使用時に注意するべき。

さいこサポニンA

さいこサポニンAは繖形科の植物の根さいこ経エキス、精製製の粉末。さいこサポニンA抗炎症作用、抗ウィルス、抗がん剤の役割に加えて、コレステロール、肝臓を保護の効果。さいこサポニン経口消化吸収に弱く、臨床の上で通常使用注。さいこサポニンは明らかな溶血作用、使用時に注意するべき。

不活性電子対効果

は化学元素週期表第4.5.6週期のp区元素Ga、In、Tl;Ge、Sn、Pb;As、Sb、Biなど、低価格形成しにくい状態を保留して、最も高価な傾向にあり、これは惰性電子対効果。この現象と長週期で各民族の元素の最高価格状態と族数等しい傾向はつり合いがとれていない。つまり遮蔽効果。

不活性電子対効果(ふかっせいでんしついこうか、inert-pair effect)とは、広義には第四周期以降の、狭義には第六周期の第13族元素~第17族元素において原子価殻のs軌道にある電子が化学的に不活性に見える現象を指す。 この言葉は1927年にネヴィル・ヴィンセント・シドウィックによってはじめて用いられた。

第四周期以降の第13族元素~第17族元素では族によって決まる最高酸化数よりも2少ない酸化数の化合物が安定になる傾向がしばしば見られる。 例えば第四周期においては、ヒ素のハロゲン化物は5価よりも3価をとる傾向があり、セレンの酸化物や酸素酸は6価よりも4価の方が安定であり、臭素では臭素酸から過臭素酸への酸化が非常に困難である、といった現象が知られている。 第五周期では、インジウム、スズ、アンチモンの塩化物はそれぞれ最高酸化数とそれよりも2少ない酸化数の化合物が両方とも知られている。 第六周期になると、タリウム、鉛、ビスマスにおいては、むしろ最高酸化数の化学種がむしろ不安定であり、それよりも2つ小さい酸化数が安定であることが知られている。 この原因として原子価殻のs軌道への核電荷の遮蔽が弱いため、電子雲が原子核近傍に引き寄せられエネルギー的に安定となり価電子としてふるまわないという仮説が唱えられた。 そのため、この現象を不活性電子対効果という。

しかしそれぞれの元素のs電子のイオン化エネルギー(最高酸化数のイオンを形成するためのエネルギー)と最高酸化数の化合物の安定性には必ずしも相関がないことが分かっている。 例えば15族の5価の陽イオンを形成するイオン化エネルギーの総計はヒ素>アンチモン>ビスマスの順であり、これらの中では5価の化合物が安定なのはアンチモンであるという事実に反する。 そのため、この不活性電子対効果は単純にs軌道のエネルギー準位が低いために起こっているわけではないと考えられている[1]。。

また不活性電子対を持つとされる塩化スズ(II)において、本当にs軌道が結合に関与していないのであれば分子の形は直線形(結合角180度)になるのが最安定配座である。 しかし実際の塩化スズ(II)の気体の分子構造は折れ曲がった構造(結合角95度)をとり、s電子が結合に関与していることを示唆している。 このような現象はs電子対が立体化学的に活性であると称される。 よって実際のところは不活性電子対効果の名に反して、s電子が化学的に不活性になっているわけではない[要出典]とされる。

一方、14族元素のハロゲン化物の気相での結合エネルギーの測定結果は明らかに化合物の安定性と相関を示す。 すなわち、最高酸化数の化学種の結合エネルギーが小さくなることがこの効果の真の原因とされる。 結合エネルギーが小さくなる原因については議論があるが、一例として第四周期と第六周期の元素では電気陰性度が大きいため(これも核電荷の遮蔽が弱いことに起因する)、陰性原子との結合が弱まることが原因[要出典]として挙げられている。

石油ワックス

石油ワックス主要成分をパラフィン、融点30℃- 35℃。主に使われる食品や他の商品の包装材料の水分、防水。まだ使える化粧品原料。

IVA族元素

IVA族元素は元素週期表の主族元素も呼ばれ炭素族元素は、ホウ素族元素と氮族要素の間を含め、炭素(C)、シリコン(Si)、ゲルマニウム(Ge)、Sn、鉛(Pb)、114日元素(Uuq)。この一族元素最外も4つの電子が、最高価格は4価格。

電気化学分析法

電気化学分析法(electrochemical analysis)は、樹立で物質の溶液中の電気の化学性質の上で1種類の機器分析方法は、ドイツ化学家C .温克勒尔19世纪にまず導入の分野を分析し、機器分析法は1922年チェコ化学家J .海の基をポーラログラフィ。通常は試液として化学電池の構成部分で、同電池のある電気パラメータ(抵抗、電導、電位、電流、電力や電流-電圧曲線など)との間に存在する被験物質の濃度を一定の関係の測定方法。

酸化銅

酸化銅(CuO)は1種の銅の黒色酸化物、ちょっと両性、ちょっと吸湿性。相対分子質量を79.545、密度は6 . 3~6 . 9 g / cm、融点1326℃。水に溶けないとエタノール、溶け酸、塩化アンモニウムやシアン化カリウム溶液、アンモニア溶液の中でゆっくりと溶解。

酸化銅(さんかどう、Copper oxide、カッパーオキサイド)は、銅の酸化物である。組成の違いにより、酸化銅(I)Cu2Oと酸化銅(II)CuO がある。