敵のグラムの松

敵のグラムの松、フルネームは二重窒素メチルアミノベンゼンスルホン酸ナトリウム。有害物成分含量CAS登録No .二メチルアミノベンゼンスルホン酸ナトリウム140-56-7ジアゾ。本品は燃える、有毒。動物中毒を萎え、眠気を表現して、深刻な者がけいれんや昏睡。人に対しての緻死量は推定2 g。

1 -フェニル- 2 -アセトン

常温でやや色油状液。マイクロ水に溶けて、溶けやすく、エタノール、アセトン、クロロ炭化水素や炭化水素などの有機溶剤。融点- 15℃。沸点216 . 5℃です;101℃(533.2Pa);109~112℃(3.199kPa)。ベンゼン酢酸と無水酢酸無水酢酸ナトリウム存在下で反応にシステム。は医薬や農薬の中間体、特に猫いらず敵鼠やクロロファシノンなどの製品の合成の重要な中間体。

計算材料学

計算材料学(Computational Materials Science)は、材料科学とコンピュータの科学の複合学科で、扉が急速な発展の新興の学科については、材料組成、構造、性能、兵役の性能のコンピュータシミュレーションとデザイン学科は、材料科学研究の中の「コンピュ-タ-の実験」。それは材料、物理学、コンピュータ、数学、化学などの学科。

トリポリアセトアルデヒド

トリポリアセトアルデヒド、有機化合物、別名仲(乙)アルデヒド、トリポリ醋醛、副アルデヒド。無色透明油状液は、愉快なスパイシー臭。トリポリアセトアルデヒド易分解アセトアルデヒドアセトアルデヒドの形態として、安定して、容易にアセトアルデヒドの貯蔵、輸送。を用いて溶剤、有機合成ゴム促進剤と抗氧剂。使用農薬、香科、医療、塗料工業分野。

イソギンチャク毒素

地中海溝溝イソギンチャク(Anemonia sulcata)の中に有毒ペプチド類、神経や心臓中毒を引き起こすことができて、を抑えるタンパク分解酵素の活性。1980年我が国の関係部門民間調査時見つけた漁師の病気を治すこと沿海使用イソギンチャク。彼らは舟山黄龍島採集縦条ばんイソギンチャクHaliplanella luciae(V・)で行われたシリーズ薬理学実験、発見イソギンチャク毒素が価値のある生物活性

合成染料

繊維と他の材料を着色の有機物質、分天然と合成2種類。天然染料分植物染料、例えばアリザリンなど動物性染料、例えば臙脂虫など。合成染料と呼ばれる人造染料、主からの石炭タール分留出(または石油加工)化学加工し、習「石炭タール染料」。また、合成染料発展初期は主にアニリンを原料にして、だから時には「アニリン染料」。合成染料と天然染料比べ色合いが鮮やかで、洗濯、耐晒、大量生産の利点、だから現在使ってこの染料を中心に。合成染料化学構造に分け、アゾ、蒽醌、ニトロプラスdean族、芳メタンなど類。応用方法に分けて、直接、酸、アルカリ性の環境媒染、硫化、還元、氷を染め、分散して、活性など類。

染料(せんりょう) とは、水など特定の溶媒に溶解させて着色に用いる有色の物質。普通は水を溶媒として布や紙などを染色する。誘導体が溶媒に可溶であり、染着後に発色させた色素は不溶となる、いわゆる建染染料も含む。建染染料の内、インディゴやインダンスレン、ペリノンオレンジ、フラバンスロンイエローなどは顔料としての確固たる使用実績があり、顔料としての認知度も高い。特定の媒体に分散するという性質が着色の上で重要なものは顔料と呼ばれる。

染料は性質や色、化学構造に基づいてカラーインデックス (Colour Index, C.I.) に収録され、名称および番号が与えられている。例えば、インディゴのColour Index Generic NameはVat Blue 1、Colour Index Constitution Numberは、C.I. 73000である。

ジビニルベンゼン

ジビニルベンゼン、会って、高熱燃える火。動物実験は麻酔作用や軽度の刺激。環境に危害、大気が汚染。

ジビニルベンゼン
Divinylbenzene
識別情報
CAS登録番号 1321-74-0
EINECS 215-325-5
特性
化学式 C10H10
モル質量 130.19 g mol−1
外観 無色ないし淡黄色の、透明な液体[1]
匂い 特異臭
密度 0.9325 g/mL(o体、22℃)
0.9294 g/mL(m体、20℃)
0.913 g/mL(p体、40℃)[1]
融点

-20℃(o体)
-52.3℃(m体)
31℃(p体)[1]

沸点

82℃(o体、14mmHg)
121℃(m体、76mmHg)
95℃(p体、18mmHg)[1]

水への溶解度 53mg/l[1]
その他の溶剤への溶解度 エタノール、酢酸エチル、アセトン、ベンゼンに可溶[2]
危険性
引火点 68℃(密閉式)、76℃(開放式)[3]
発火点 500℃[4]
半数致死量 LD50 5ml/kg(ラット経口)[2]
関連する物質
関連物質 スチレン
ジエチルベンゼン
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

ジビニルベンゼン(英: Divinylbenzene)は、ベンゼン環にビニル基が二つ結合した有機化合物である。DVBジエテニルベンゼンビニルスチレンとも呼ばれる。組成式はC6H4(CH=CH2)2。スチレンに、二つ目のビニル基が結合したものと捉えることもできる[5]。ビニル基の結合位置により、三種類の位置異性体が存在する。

超重核

超過の核は予言が存在する可能性の質量数よりずっと大きいの既存の核核。核内陽子数がさらに増加し、核内陽子の間の反発力を超える原子間の結合力、これによる核分裂のため、超過原子核の寿命が短くて、甚だしきに至っては鑑定不能の程度。今まで、もう選択を含むウラン衝撃でウランを含む様々な反応システム実験を行って、まだ成功していません。

超重核(ちょうじゅうかく)とは、自然界に存在しない非常に重い原子核の呼称である。