ポーラログラフィ

ポーラログラフィ(polarography)を測定して過程の中で得た電解分極電極の電流-電位(または電位-時間)曲線確定することの溶液の中で測られる物質濃度の類の電気の化学分析方法。は1922年、チェコ化学家J .海の基を。ポーラログラフィと電流電圧法の違いは分極電極の違い。ポーラログラフィは使用した水銀電極あるいはその他の表面が週期的に更新の液体電極を分極電極;電流電圧法は静止した液体又は使用の表面に固体電極を分極電極。

有機立体化学

有機化学の設立後、科学者達は相次いで有機物の構造をめぐって多くの憶測も、説得力が形成されたいくつかの理論。有機立体化学は多くの有機構造理論の面では、主に有機分子の中でそれぞれの原子を3次元空間の中の歯並び研究対象として。有機立体化学は人々から有機化合物旋光異性現象の認識から成り立っている、昔は認識していた無機結晶の旋光、有機化合物の旋光は19世紀の40年代の研究を始めた。

ポーラログラフィ

ポーラログラフィ(polarography)を測定して過程の中で得た電解分極電極の電流-電位(または電位-時間)曲線確定することの溶液の中で測られる物質濃度の類の電気の化学分析方法。は1922年、チェコ化学家J .海の基を。ポーラログラフィと電流電圧法の違いは分極電極の違い。ポーラログラフィは使用した水銀電極あるいはその他の表面が週期的に更新の液体電極を分極電極;電流電圧法は静止した液体又は使用の表面に固体電極を分極電極。

有機立体化学

有機化学の設立後、科学者達は相次いで有機物の構造をめぐって多くの憶測も、説得力が形成されたいくつかの理論。有機立体化学は多くの有機構造理論の面では、主に有機分子の中でそれぞれの原子を3次元空間の中の歯並び研究対象として。有機立体化学は人々から有機化合物旋光異性現象の認識から成り立っている、昔は認識していた無機結晶の旋光、有機化合物の旋光は19世紀の40年代の研究を始めた。

C-14

炭素- 14は炭素の元素の1種の具放射性同位体。それは宇宙線に衝突を通して空気中の窒素原子が発生。炭素14の応用主に二つ:一つは考古学に死の年代測定生物、すなわち放射性測定年法;2は、炭素化合物を示踪剂- 14マーク、探索化学と生命科学の中のミクロ運動。地球上で99%の炭素-炭素は12の形で存在し、約1%は炭素の炭素- 13の形で存在し、ただの百万分の1(0.0000000001%)は炭素- 14、存在は大気中。

C14

  • 炭素14、特に放射性炭素年代測定
  • 九条駅の駅ナンバリング
  • 根津駅の駅ナンバリング
  • USSデンバー C-14 – アメリカ海軍の防護巡洋艦

溶液理論

人々は溶液の早期認識人類応用溶液悠久の歴史があって、水、動植物の体液、酢、酒は溶液。記録によると、4、5世紀に、ギリシャ錬金術師辛内索(Synesios)が制作した一種の比重計は、測定酒、酢、牛乳、ハチミツなどの水溶液の相対密度。醫薬化学時期に従事し、多くの人はミネラルウォーターの研究を促進するため、溶液の分析について

遼寧オック化学株式会社

遼寧オック集団は遼寧オックグループ株式会社を親会社は、遼寧で化学株式会社の最大の子会社や準上場会社は国内最大のエチレンオキシド派生精細専用化学品のハイテク産業グループ。

燃素学説

古代の神話にプロメテウス盗天火のは人類の物語、火は人類の生存と発展の重要な意義が垣間見える。人類の歴史で火を使うのも何十万年、火を人間の知能と体の成長を提供する不可欠の条件。しかし、火が燃えてどのようですか?この点は長期困っている人々をめぐって生じた、火もまた多くの科学と科学の推測。アリストテレスで出した四元素で、火があったとしても1つの元素を持ち出され。古インド通信古代中国にも似たような言い方。当時の科学が発達していないの条件の下では難しい、人々に火を深く研究する。古代に、火とみなされてすべてに最も積極的で、最も活躍し、最も動ける、最も変わりやすいもの。

加硫促進剤

加硫促進剤略称促進剤。加硫作用を促進することができる物質。硫化時間を短縮、硫化温度、減少加硫剤使用量をゴムの物理機械の性能など。促進剤とに分けることができます無機有機促進剤の2種類。無機促進剤において、促進剤、酸化マグネシウム、鉛などを使って少量のほかに、主に使われる助剤。

加硫(かりゅう)とは、架橋反応の一種で、ゴム系の原材料(生ゴムなど)を加工する際に、弾性や強度を確保するために、硫黄などを加える行程のことである。

1839年、アメリカの発明家チャールズ・グッドイヤー(C.Goodyear)により発見され、1843年にイギリスの発明家トーマス・ハンコック(T.Hancock)により、反応の仕組みが解明された。

タリウム中毒

タリウム中毒ありふれた発症要因を職業、生活環境の接触で、タリウム発症。職業的タリウム中毒は職業活動の中で吸入を含むタリウム煙とほこり、蒸気や可溶性タリウム塩、経気道や肌や消化吸収を引き起こすのは神経係損害を主な表現の全身性疾患。タリウムは急性中毒や慢性中毒。急性中毒でタリウム典型的なトリプル徴胃腸炎、多発性神経症や脱毛。慢性中毒タリウム臨床表現の主な特徴は、目の週りに神経病神経症、網膜症や脱毛。少数が出て中毒性脳症や中毒性精神病。