卤化

単体または化合物の分子の中で導入ハロゲン原子で生産過程の反応ハロゲン化物。卤化合成手段の一つとして、広範に有機合成は製の様々な原料、中間体や工業の溶剤等。無機物の卤化過程は比較的に簡単で、その成品などの三塩化アルミニウム、四塩化チタン、四塩化珪素などの生産量や品種は小さい部分だけ占めハロゲン化物。

卵白のグリカン

卵白のグリカン(proteoglycan)ともいう蛋白多糖一種の長で支店のムコ多糖を主体として、砂糖のいくつかの部分に共有結合若干肽链で生成の複合体。

ニトロエタン

無色透明油状液。楽しい匂い。20℃の時、水に溶け4.5ml ml。とメタノール、エタノールとエーテルに溶けて、溶けクロロホルムとアルカリ溶液、ほとんど水に溶けない。相対密度1.052。融点約- 50℃。沸点114~115℃。屈折率1.3917。引火点(開杯)41℃。可燃性。半数緻死量(ラットを経て、口)1110mg / kg。刺激性の。溶剤に用いて、有機合成。

ニトロエタン
Nitroethane
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 79-24-3 チェック
国連番号 UN 2842
RTECS番号 KI5600000
特性
化学式 C2H5NO2
モル質量 75.07 g/mol
外観 無色の油状液体
匂い 果実様の臭気
密度 1.054 g/cm3, 液体
融点

-90 °C, 183 K, -130 °F

沸点

112.0–116.0 ℃ (385.2–389.2 K)

水への溶解度 微溶
(4.6 g/100 ml,20°C)
溶解度 メタノール・エタノール・エーテルに易溶、クロロホルムに可溶。
粘度 0.677パスカル秒 (20℃)
危険性
MSDS MSDS at fishersci.com
主な危険性 可燃性、有害性
Rフレーズ R5 R10 R22
Sフレーズ S41
引火点 28 °C
発火点 410 ℃
関連する物質
関連するニトロ化合物 ニトロメタン
関連物質 硝酸エチル
亜硝酸エチル
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

ニトロエタン(英: Nitroethane)は、化学式C2H5NO2で表される有機化合物。常温・常圧では油状の液体。純粋なものは無色で、果実様の臭気を持つ。

原油蒸留

通常の3つの工程は、①原油の前処理:つまり脱除原油の中の水と塩。②常圧蒸留:近い常圧蒸留さでガソリンや燈油(またはジェット燃料)、ディーゼルなどの直留留塔底、殘りは常圧殘油(つまり重油)。

列の空気法

列の空気法にも収集ガスの一種類の方法がない空気法には空気中の成分反応のガス、空気の密度と大差ないガス(例えばC2H4、CO)に空気法だっ用ガス密度空気より下列空気法に気体密度は空気より小さいは、注意する必要があり気管気管に入ってあるいは挿す瓶内底、列に適しない空気法は有毒有害ガス。(例えば二酸化硫黄)下の画像も大事に空気だっ法(相対分子質量より空気、すなわち> 29)制下酸素二酸化炭素列空気法(相対分子質量は空気、すなわち< 29)制水素

IUPAC元素システム命名法

IUPAC元素システム命名法は一種の序数命名法。その命名法を採用して连結語根方法を命名の新要素(語幹表に会い、それぞれの語根を代表する数字。これらの語根来源于ラテンの数字とギリシャ数字の英語のつづり方。

亜硝酸アンモニウム

亜硝酸アンモニウム英Ammonium Nitrite亜硝酸アンモニウム化学式NH4NO2、分子量64.048不安定で、常温の時すぐに分解して窒素や水、熱分解時の加速、濃溶液は乾燥した結晶分解が速い。温度が高い60℃の時に強烈な爆発。分解化学方程式NH4NO2=====N↑2H2O

電離理論

電解中、両極間の電位の差はから分解分子の役割は、指導のイオンの運動方向。同時には、同じ当量のいかなる溶質のイオンは、同じ量の電荷のため、両極物質当量よくは同じである、という点ファラデーの見解が一緻した。そんないろんな溶液中の反応熱電離理論を与える良い解釈。分析化学の中で多くの現象は、例えば瀋殿加水分解、緩衝作用、酸やアルカリの強さなど、から電離理論は合理的な説明。

放射性疾患

放射性疾患(radioaetive disease)の元によると放射性損傷を受け、人体の各種電離放射線発生の種類や程度ダメージや病気の総称。この病気は主にが接触電離放射線の作業人员。

水や電解質平衡

水や電解質バランス(ウォーターand electrolytesバランスを)とは、機体の毎日の摂取と排出量やナトリウム量(細胞外液の主要な電解質)がバランスやいかにバランス。