速滅殺丁

速滅殺丁、化学の名称はシアンペンタ菊酯は現在、養殖業の中で最も常用の効率的な殺虫剤。それは畜肉、家禽の多種の体外寄生虫と吸血昆虫などのダニ、ダニ、ノミ・ダニ、蚊やハエ、虻などは良い効果を殺すために、殺虫力が強く、効力が高い。その薬理作用を殺し主に触れ、両方の胃と駆で毒作用。経実験は、その防除ダニ、ダニの効果によりディプテレックス大25倍– 250倍、故は疥癬病治療中に優先薬として。それは殺して殺虫卵の作用で、一度薬を根絶することなく、繰り返し薬。したがって、それといわれた殺虫剤の最も。

硫矿

硫矿は1種の基本的な化学工業原料。自然界では、硫黄は分布が広く、親和力が非常に強いの非金属元素で、それは自然硫黄、硫化水素、金属硫化物や硫酸塩など様々な形で存在を形成して各類の硫黄鉱床。中国の硫黄の資源は非常に豊富で、並んで世界の前列に埋蔵量。中国の現在および今後はかなり一時期、依然としてを硫铁矿や同伴硫铁矿を主な硫黄源。現在国外硫黄から主に石油と天然ガス、自然硫黄。

テトラエチルレッド

オクタン価ガソリン車で最も重要な品質指標を反映し、それは総合的国家石油工業水準と車両の設計レベルを採用し、アンチノック剤を自動車用ガソリンオクタン価の重要な手段。アンチノック剤添加ガソリンを高めることができるとガソリンのアンチノック性能、すなわち無鉛ガソリン国家標準《GB17930 – 20061』の研究法オクタン価とアンチノック指数は、生産高オクタン価ガソリンの主な手段。

求核置換

求核置換反応略称SN。飽和炭素に多くの求核置換反応。例えば、ハロゲン化アルキルがそれぞれ水酸化ナトリウム、アルコールにナトリウムやフェノールナトリウム、チオ尿素、チオールナトリウム、カルボン酸塩やアンモニアやアミンなどの発生求核置換反応生成のアルコール、エーテル、チオール、硫黄エーテル、カルボン酸エステルとアミンなど。アルコールと水素ハロゲン酸、卤化リンや塩化スルホキシト作用、生成卤代烃。ハロゲン化アルキルリチウム還元されて水添アルミニウムをパラフィン、もマイナス水素イオン反応物でハロゲンの代わりに。求核試薬のときは炭素原子時の代わりに、結果炭素キーを形成し、その結果炭素鎖成長成品など、ハロゲン化アルキルとシアン化ナトリウム、アセチレン化ナトリウムやエノル塩の反応。

飛行時間質量分析計

飛行時間質量分析計TimeオブFlight Mass Spectrometer(TOF)は1種のとても常用の質量分析計。この質量スペクトル計の質量分析器はイオンドリフト管。イオン源から発生のイオン加速後に無場ドリフト管を定速度でイオンレシーバ。イオン質量が大きいほど、受信機で到着時間はもっと長くて、イオン質量が小さいほど、受信機で到着時間が短いほど、この原理によって、様々な品質のイオンを押しm / z値の大きさの分離。

飛行時間型質量分析計(ひこうじかんしつりょうぶんせきけい、Time-of-Flight mass spectrometer; TOF-MS) は、粒子の質量分析計の一種で、加速させた荷電粒子(イオンまたは電子)の飛行時間を計測することにより対象の質量を測定する分析計[1]。単にTOFとも呼ばれる。荷電粒子は、既知の電界強度の電場によって加速されることで、電荷に比例した運動エネルギーを得る。加速された荷電粒子が一定距離を飛行する時間を測定することで、質量電荷比を測定することができる。

金属カルシウム

金属カルシウムはイギリス化学家のダビデとスウェーデン化学家柏齐利ウスでこのシステム。カルシウムは銀白色の金属は、リチウム、ナトリウム、カリウムも硬く重い;815℃溶解。金属カルシウムの化学的性質はとても活発で。空気中で、カルシウムすぐ酸化され、に一層の酸化膜。加熱する時、カルシウムを燃やし、射出レンガ色の美しい光。カルシウムと水の作用によりゆっくりで、お湯の中で激しい化学反応が起こる、放つ水素(リチウム、ナトリウム、カリウムも冷たい水の中でも発生し、激しい化学反応)。カルシウムが容易とハロゲン、硫黄、窒素など化合。

マスタードガス中毒

イペリットはWWⅠ後期(1917年7月)まず、ドイツ軍を大量に使用、その後各国軍が相次いでに倣い、おびただしい死傷者。その死傷率が毒物総死傷者の数を130万88.7%、だから“毒薬の王」と呼ばれる。WWⅡから「イラン・イラク戦争」を使って証明、イペリットは「戦争の試練を経て」が最も有効な化学战剂の一つ。

土壌コロイド

コロイドとは、直径1~100nm間の粒が、実際の土壌で直径< 1000 nmオーダーでのコスミドはコロイドの性質があるので、通常の土壌コロイド実際は、直径1~1000 nmオーダーで間の土壌粒子、それは土壌の中で最も細かい部分。

押し出し

プラスチック押出成形加工ではとまたは押出成形、ゴム加工と呼ばれる押し出し。は、材料を押出機のバレルと軸間の作用は熱されながら、塑化ながら、スクリュー前のプッシュを通じて、連続機首は様々な断面製品や半製品の加工方法。

押し出し(おしだし)

  • 人や物を押し、自分から見て奥のほうに移動させること。またそれによってある地点から外に出すこと。押して中のものを取り出すこと。

    • 上記からついた地名。鬼押し出し(溶岩流によって形成された地形が由来)など。
  • スポーツにおける押し出し
    • 押し出し (相撲) – 相撲の決まり手の1つ。
    • 押し出し (野球) – 野球などで、満塁のとき四死球によって得点が入ること。
  • →押出成形

レーザー

レーザーの最初の中国名「レーザー」、「莱塞」は、その英文名称LASERの音訳から、英語はライトAmplification by Stimulated EmissionオブRadiationの各単語の頭文字からなる略記。意味は「受け励起光の拡大を通じて射」。レーザーの英文のフルネームは完全に表現した製造レーザーの主な過程。1964年に中国の有名な科学者銭提案は「光励起発射」と「レーザ」。レーザー応用はとても広範で、主にレーザーマーク、光ファイバー通信、レーザースペクトル、レーザー距離、レーザーレーダー、レーザーカット、レーザー兵器、レーザーレコード、レーザーポインター、レーザー矯正する視され、レーザー美顔、レーザー走査、レーザー蚊取り器など。

レーザー(赤色、緑色、青色)

クラシックコンサートの演出で用いられた緑色レーザー

He-Ne レーザー

Laser.svg

レーザーlaser)とは、光を増幅して放射するレーザー装置を指す。レーザー光は指向性や収束性に優れており、また、発生する電磁波の波長を一定に保つことができる。レーザーの名は、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)の頭字語(アクロニム)から名付けられた。

レーザー光は可視光領域の電磁波であるとは限らない。紫外線やX線などのより短い波長、また赤外線のようなより長い波長のレーザー光を発生させる装置もある。ミリ波より波長の長い電磁波のものはメーザーと呼ぶ。