ポーラログラフィ

ポーラログラフィ(polarography)を測定して過程の中で得た電解分極電極の電流-電位(または電位-時間)曲線確定することの溶液の中で測られる物質濃度の類の電気の化学分析方法。は1922年、チェコ化学家J .海の基を。ポーラログラフィと電流電圧法の違いは分極電極の違い。ポーラログラフィは使用した水銀電極あるいはその他の表面が週期的に更新の液体電極を分極電極;電流電圧法は静止した液体又は使用の表面に固体電極を分極電極。

無機の化学の実験

『無機化学実験」:王传胜著、化学工業出版社は、2009年09月に出版され、李梅君、徐志珍著、高等教育出版社、2007年12月に出版。『無機化学実験』として高等学校化学、化学工業、軽工業、応用化学、高分子材料、安全プロジェクト、環境工学、バイオ、製薬工学、食品の科学と工程などの専門の教材もあり、農業、林、医など関係各専門機関を選択して使用すると参考師弟。

ホウ素鉱

ほう素は一種の典型的な非金属元素。ホウ素自然界で化合物の形式で存在するだけで、しかし地殻の中で分散状態のほうが分布が広く、地表水、地下水、マグマのジェット、ミネラルウオーターとすべての岩石層ガス液体小包体中持った元素。ホウ素もとても分散の、典型的な親石元素、広く分布は各種成因、異なるタイプの岩。ホウ素鉱物はほとんど地質旋回のすべての段階を形成することができますから、マグマの作用に表生作用を含め生条件と外生の条件の下では工業富化を形成することができます。ほう素ガラス、冶金、医薬、エナメル、ペンキ、日用化学工業、農業や国防先端工業などの部門が欠かせない。だから、ホウ素資源の開発、利用、現代の工業の発展は、ますます重要な役割。

四聚アセトアルデヒド

日文名称:四聚アセトアルデヒド化学名称:2、4、6、8 -テトラメチル- 1、3、5、7 -四氧ヘテロ環オクタン日本別名:密は、滅日照り巻き貝、蝸牛火星や梅塔、滅蝸牛霊、カタツムリ敵英語名:Metaldehyde英文名:2、4、6、8-Tetramethyl-1、3、5、7-tetraoxacyclooctane、Acetaldehyde tetramer、Metacetaldehyde分子式:C8H16O4分子量:176.21 CAS登録:108-62-3

ラジカル重合開始剤

ラジカル誘発剤、略称イニシェータ。熱分解しやすいという類の自由な基(つまり初級の自由な基)の化合物に用いることができるによるセン類、双セン類単体の自由基重合と共重合反応にも使える不飽和ポリエステルの架橋固化と高分子架橋反応。ラジカル重合は研究の一番早く工業化の最も広くの重合反応。他の重合歴程に比べて、自由な基重合は単体源が広く、工芸簡単で、価格は安くて、製品の特徴なので、ずっと人々の重視を受け。ラジカル重合の不足はポリマ-の相対分子質量、分子量分布、配列構造、立体構造の制御より他の重合歴程理想。

酸化数

酸化数と酸化状態、それは原子価の学説と元素電気陰性的概念のもとに発展して化学の概念、それは一定の程度の上でマークの元素は化合物中の化合状態。による原子価の昇降値と電子の移動状況配平酸化還元反応方程式にり、簡単なイオン化合物のほか、他の物質は、不確定要素の易原子価数、いくつかの複雑な構造の化合物や原子団、もっと難しい確定それたちは反応の中の電子の移動状況は難い。物質の中にの各要素を取り巻く原子価。

酸化数(さんかすう)とは、対象原子の電子密度が、単体であるときと比較してどの程度かを知る目安の値である。1938年に米国のウェンデル・ラティマー (Wendell Mitchell Latimer) が考案した。

酸化とはある原子が電子を失うことであるから、単体であったときより電子密度が低くなっている。それに対して還元とはある原子が電子を得ることであるから、単体であったときより電子密度が高くなっている。

ある原子が酸化状態にある場合、酸化数は正の値をとり、その値が大きいほど電子不足の状態にあることを示す。逆に還元状態にある場合には負の数値をとり、その値が大きいほど電子過剰の状態にあることを示す。

酸化数はローマ数字で記述するのが通例である。

原子蛍光

気体自由原子吸光光源の特徴放射後、原子の外殻電子遷移から高い準位、そして再び転移に基底状態や低い準位、同時に発射と元励起波長と同じか別の打ち上げは原子蛍光。原子けい光は光ルミネッセンスも二度発光。その励起光源を照射した後、再発射過程の即時停止。

偶合

偶合一般用釜式反応器間欠操作。希酸の腐食を防ぐため、一般用琺瑯や裏地タイルの反応を鍋、鍋の中に入れに直接氷や冷凍塩水通にジャケットや琺瑯蛇管を制御して反応温度。反応後の加熱のようで、直接または間接的に蒸気利用蒸気。

溶融塩

塩を溶かして形成の溶融体、例えばアルカリ金属、アルカリ金属のハロゲン化物、硝酸塩、硫酸塩の溶融体。溶融塩は金属イオンと非金属の陰イオンによる溶融体。構成する溶融塩のイオンが80種類以上、マイナスイオンが30余り種を組み合わせた溶融塩は2400余り種。金属イオンがあるいくつかの原子価状態、陰イオンは構成違う錯体化陰イオン、実は溶融塩の数は2400種を超える。

溶融したフリーベ (LiF-BeF2)

溶融塩(ようゆうえん、英: molten salt)とは、食塩などの陽イオンと陰イオンからなる塩で溶融状態にあるものをいう。文部省学術用語集化学編では融解塩[ゆうかいえん、英: fused salt]を溶融塩と同意とする。原子力分野では「溶」を「熔」の字に置き換えた「熔融塩」を用いる場合もある。また、金属製錬分野では伝統的にフラックスと呼ぶ。溶融塩の中で100-150°C以下の温度で液体状態にあるものは常温溶融塩またはイオン液体と呼ぶ。

チオグリコール

2 -メルカプトエタノールとβ-メルカプトエタノール、1 -チオグリコール;2 -ヒドロキシエタンチオール;β-チオール代エタノール)は1種の有機化合物の化学式をHOCH2CH2SH、英語を共通略語MEやβME。それをグリコール(HOCH2CH2OH)と乙ジチオール(HSCH2CH2SH)の官能基、揮発性の液体は、比較的に強い刺激臭。βME通常にジスルフィド結合の還元し生物学実験中の酸化防止剤。それが広く使われた原因はそれの水酸基使ってそれが水に溶いて、そしてそれをの揮発性。それは低い蒸気圧、その臭いの場合よりもはるかに悪臭のチオール。

2-メルカプトエタノール
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 60-24-2 チェック
特性
化学式 C2H6OS
モル質量 78.13 g mol−1
密度 1.11 g cm−3
融点

−100 ℃

沸点

157-158 ℃

屈折率 (nD) 1.4996
危険性
MSDS Oxford MSDS
EU分類 有毒 (T)
Rフレーズ R23/24/25, R37/38, R41
Sフレーズ S26, S36/37/39, S45, S53
関連する物質
関連物質 エチレングリコール
1,2-エタンジチオール
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

2-メルカプトエタノール (2-mercaptoethanol) は示性式 HSCH2CH2OH で表される化合物である。β-メルカプトエタノール、チオグリコールとも呼ばれる。エタノールの2位の炭素原子に結合する水素原子がチオール基で置換された物質である。毒物及び劇物取締法による毒物である。