過塩素酸塩

過塩素酸
識別情報
CAS登録番号 7601-90-3
RTECS番号 SC7500000
特性
化学式 HClO4
モル質量 100.46 g mol-1
外観 無色の液体
密度 1.768 g cm-3 (22 °C)
融点

19 °C/11 mmHg[1]

沸点

203 °C(共沸)[1]

水への溶解度 任意に混和
酸解離定数 pKa -8.6 (-9.9)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -40.58 kJ mol-1[2]
標準モルエントロピー So 188.4 J mol-1K-1
危険性
EU分類 酸化性 (O)
腐食性 (C)
Rフレーズ R5 R8 R35
Sフレーズ S1/2 S23 S26 S36 S45
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

過塩素酸(かえんそさん、英: perchloric acid)とは、塩素のオキソ酸の一種で、化学式 HClO4 と表される過ハロゲン酸。水に溶けやすい無色の液体。酸化数が7価の塩素にヒドロキシ基 (-OH) 1個とオキソ基 (=O) が 3個結びついた構造を持つ。

塩素酸より酸素が1個多く、名称に「過/per」と付いているものの分子内に -O-O- 結合はなく本来の塩素原子の最高酸化状態であり過酸ではない。

鋳造石

鋳造石(キャストストーン)は1種の加工で珪酸塩結晶材料を採用し、天然岩(玄武岩、輝緑岩など性岩や頁岩)や工業固形廃棄物(高炉スラグ、スラグ、銅くず、クロムスラグ、鉄合金くずなど)を主原料とし、経具、溶融、鋳造、熱処理など工程で作った結晶配列キチンと行い、性質硬く、繊細な非金属工業材料。

グリコシド類

(Glycosides)、サポニン、別名グリコシドやニンは、砂糖や砂糖の誘導体(例えば糖醛酸)の半アセタールヒドロキシと別の非物質の中で糖ヒドロキシアセタールボタン(グリコシド結合)脱水縮合で環状アセタール誘導体。加水分解後生成糖と非糖化合物、非糖部分と呼ばれるグリコシド元(Ag1ycone)は、フェノール、蒽醌、フラボノイドなどの化合物。

化学熱力学

ケミカルエンジニアリングの枝を、基本法則は熱力学応用化学工学分野の中で形成する学科。主な研究化工過程の中でさまざまな形式のエネルギーの間の相互の転化の規律と過程趋近バランスの限界を有効利用条件、エネルギーと改善過程を提供する実際理論。

熱化学(ねつかがく、英語:thermochemistry)または化学熱力学(かがくねつりきがく)は物理化学の一分野で、化学反応におけるエネルギー変化を主に熱の観点から追究する学問である[1]

「熱化学」という言葉は、化学熱力学のうち、反応熱について扱う部分に用いられることがある。熱の解析には熱力学が応用され、熱力学第一法則、定積条件、定圧条件などが基本法則である。

熱化学の分野を作り上げた人物の一人として、ヘスの法則などで知られるジェルマン・アンリ・ヘスが挙げられる[1]

解燐定

淡い黄色の針状結晶性パウダー。融点225-226℃。25℃48mg / mlを水に溶解度。アルカリ性溶液中で交換する。物質の名称日文名称:解燐定;派姆;アルデヒド肟biアミン;解燐毒;リン敵;ヨウ素燐定;ピリジン- 2 -ホルムアルデヒド肟ヨウ素英文名称:甲pyridine-2-aldoxime methyl iodide PAM pralidoxime iodide性質

サッサフラス油

サッサフラス油は伐採後に殘る楠杭、根や樟脳根経蒸留加工してから抽出した香料油、サッサフラス油を含む黄樟素色黄色透明、持って香りを抽出することができる砂、遊離香料黄樟素、合成香料洋ジャスミンアルデヒドの原料、工業の上で途幅広い。サッサフラス油同時に易制毒化学品に属して、その生産に使用して、専門の法律の約束。2012年6月、公安部に麻薬取締局に摘発された成功にオーストラリア密輸易制毒化学品「サッサフラス油」の事件、戦利サッサフラス油3 . 35トン。

木脂の素

木脂の素は1種類の両分子ベンゾ素誘導体(つまりC6-C3単体)重合した天然化合物、多数が遊離状態、少数の糖と結合成苷存在し植物の木部と樹脂の中から、名声。通常の指す体を集まって、少数可視トリマー、四聚体。構成木脂の素の単体が桂皮酸、シナモンのアルコール、プロピレンベンゼン、セン丙苯など。それらはデヒドロ、形成違うが基に遊離して、各ラジカル相互縮合、すなわち様々なタイプの木脂の素、結合の位置はβ位結合もあり、他の場所との結合の。

脂褐素

脂褐素(lipofuscin)と高齢者の素。堆積は神経、心筋、肝臓などの組織の老化の黄褐色細胞に不規則小体、中身を電子密度もの物質、脂の滴、小さい泡だった後に殘るなど、もはやリソソーム作用が消化の物質による殘留体。蓄積は年齢とともに成長が増え、は老衰して、一つの重要な徴。文明の淺い時計皮膚者通称「しみ」。スーダンで黒染め、西夫氏たヨウ素酸反応陽性で、紫外線に打ち上げる蛍光波長最大値は430~490nm、表示できる微弱リソソーム酵素活性。

グラム菌

を通じてグラム染色法を分けて、細菌の2種類:この染色方法を採用して、先にゲンチアナ紫(れ結晶紫)感染菌、すべて細菌染め紫、また塗りはグラムヨウ素液、染料と細胞の結合を強化して、更に95 %のアルコールの脱色20~30秒されない、いくつかの細菌が殘る脱色、紫、一部の細菌に無色脱色されて、最後に更に復赤や砂黄复染1分、結果は色の細菌は深紅に染まる、未脱色の細菌が依然として紫、もう着色、凡に染まった紫色の細菌とは、グラム陽性菌(G+菌)、赤色に染まると呼ばれるグラム陰性菌(Gˉ菌)。