複方アセトアミノフェン片(II)

複方アセトアミノフェン片(II)を解熱鎮痛や非ステロイド抗炎鎮痛薬、適用頭痛、歯痛、月経痛、神経痛、筋肉痛、リューマチの痛み、発熱。主によって胃腸をすばやく吸収し、そのアセトアミノフェン血漿ピーク30~120分で現れて、半減期は3~4時間。主になって醛酸肝臓の代謝を通じてブドウ糖と硫酸塩化合物を経て、腎臓の排泄。プロメタアンチピリン血漿ピーク15~30分以内に現れ、半減期は1~3時間。を中心にしても肝臓代謝を経て、腎臓の排泄。

普利斯テリー

ジョセフ・普利斯テリーはイギリス有名な化学家。彼は1733年3月13日生まれイングランド・ヨークシャーリーズ市郊外の名の農園でハイドフェルド。

無機化学

無機の化学工業は無機の化学工業の略称、天然資源と工業の副産物の原料と硫酸、硝酸、塩酸、リン酸などの有機酸、純炭酸ソーダ、苛性ソーダ、合成アンモニア、化学肥料や無機塩などの化学製品の工業。含む硫酸工業、純炭酸ソーダ工業、クロールアルカリ工業、合成アンモニア工業、化学肥料の工業と無機塩工業。広義にも含めて無機非金属材料と精細無機化学品などの陶磁器、無機顔料などの生産。無機の化学工業の製品の主な原料は硫黄、ナトリウム、カリウム、カルシウム、燐などの化学の鉱物や石炭、石油、天然ガスや空気や水など。

無機化学(むきかがく、英語:inorganic chemistry)とは、研究対象として元素、単体および無機化合物を研究する化学の一分野である。通常有機化学の対概念として無機化学が定義されている為、非有機化合物を研究対象とする化学と考えて差し支えない。

キノン化合物

キノン化合物は漢方薬で類にはキノン式構造の化学の成分、分かれベンゾキノン、ナフトキノン、菲キノンと蒽醌4種類。漢方薬で蒽醌及びその誘導体はとりわけ重要。

ベンゼンヘキサクロリド

ベンゼンヘキサクロリド、すべてはシクロヘキサン炭素原子の上の1つの水素原子に形成されて塩素原子の飽和化合物。英語略称BHC。分子式C6H6Cl6。構造式での分子の中で炭素、水素、塩素原子各6、みえるベンゼンの6つの塩素原子付加物。白い結晶、8種の同質異性体。666対昆虫が触殺、燻蒸と胃が毒作用、そのうちγ異性体殺虫効力最高、a異性体が次、δ異性体は次の効率の低い、β異性体。六塩化ベンゼン、酸が安定しており、アルカリ性溶液中や亜鉛、鉄、すずなどの存在下で分解しやすい、長期の湿気や日焼け会失効。

ベンゼンヘキサクロリド
γ-BHC(リンダン)
識別情報
CAS登録番号 58-89-9 (γ-BHC), 608-73-1 (異性体混合物)
KEGG C07075
特性
化学式 C6H6Cl6
モル質量 284.80
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

ベンゼンヘキサクロリド (benzene hexachloride, BHC)、別名HCH(hexachlorocyclohexane) とは、分子式 C6H6Cl6 と表される有機塩素化合物。シクロヘキサン環が持つ6個の炭素のそれぞれに塩素原子と水素原子がひとつずつ結合したもの。すなわち、ベンゼンに6個の塩素原子が付加した構造を持つ。

糊化

糊化:(Gelatinization)デンプン水と共熱後、一定の条件の下で半透明状コロイドの現象になる。デンプン乳熱後、一定の温度範囲でデンプン粒の冒頭を破壊し、結晶構造が消え、体積膨脹、粘度が急騰しますがドロドロのペースト、すなわち非結晶性でんぷん。各種のデンプンの糊化温度に原料の種類、デンプン粒の大きさなどにより違い。

デンプン
識別情報
CAS登録番号 9005-25-8 チェック
ChemSpider NA ×
EINECS番号 232-679-6
RTECS番号 GM5090000
特性
化学式 variable
モル質量 variable
外観 white powder
密度 1.5 g/cm3
融点

decomp.

水への溶解度 none
危険性
MSDS ICSC 1553
EU Index not listed
発火点 410 °C
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

アミロースの分子構造

アミロペクチンの分子構造

ヨウ素デンプン反応で着色された小麦デンプン顆粒

デンプン澱粉)あるいはスターチ(英語: starch)(ラテン語; amylum)とは、分子式(C6H10O5n の炭水化物(多糖類)で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。種子や球根などに多く含まれている。

高等植物の細胞において認められるデンプンの結晶(デンプン粒)やそれを取り出して集めたものも、一般にデンプンと呼ばれる。デンプン粒の形状や性質(特に糊化特性)は起源となった植物の種類によりかなり異なる。トウモロコシから取り出されたものを特にコーンスターチと呼ぶ。

酢酸カリウム

を用いて分析試薬、調節のpH値。乾燥剤を使って。製造透明ガラス。医薬工業用。バフ、利尿薬を使って、織物や紙の柔軟剤、触媒など。

酢酸カリウム
酢酸カリウム
IUPAC名 酢酸カリウム
分子式 CH3COOK
分子量 98.15
CAS登録番号 [127-08-2]
形状 無色固体
密度と相 1.57 g/cm3,
融点 292 °C

酢酸カリウム(さくさんカリウム、potassium acetate)は化学物質である。酢酸のカリウム塩にあたる。水溶液は弱塩基性を示し、0.1M の溶液の pH は 9.7 である。

水酸化カリウムや炭酸カリウムなどカリウムを含む塩基と酢酸を反応させ、

2CH3COOH + K2CO3 → 2CH3COOK + CO2 + H2O

という中和反応によって生成される。水酸化カリウムの場合も同様に中和される。

湿気、熱、燃焼、酸化剤に対しては不安定である。

石炭化学

石炭化学(coalケミストリー)、研究の石炭の成因、構成、性質、構造、分類と反応や、それらの間の関係の学科が、同時にそれは石炭を燃料として利用すると原料の中のいくつかの化学の問題は、石炭化工の理論の基礎。

石炭化学(せきたんかがく、coal chemistry)は、石炭の化学的な利用や構造、成因の解明に関する学問で工業化学の一種。

珪素肥料

は1種の中量元素肥料、日本から山梨大学小林均教授の発明は、ハナム省科学院の地理(学)の研究所蔡德龙研究員は日本で東京大学専攻博士期間に日本から中国に比較システム導入し、工業化を実現する生産や農業に広くべきで。中国の現行の肥料に分類方法(多量元素、中量元素、微量元素肥料)を、同肥料とカルシウムの肥料などは中量元素肥料。1996年から、ハナム省科学院に「ハナム省珪素肥料工程技術研究センター」が、中国国には同センター担当珪素肥料標準制定し、公布し実施する。