核化学

核化学、化学の方法あるいは化学と物理の組み合わせ方法の研究や原子核核反応の学科。核化学の主な研究核性質、核構造や核転換の規則や核変換化学効果、奇特原子化学に関する研究成果も含めて、同時に各分野での応用。核化学、放射化学と核物理、内容的には区別が緊密に連絡を絡めて。

核化学(かくかがく、英語:nuclear chemistry)は原子核改変を扱う物理学の分野。原義は原子核反応で生成する人工放射性元素に関する無機化学である。しかし、発足当時はプルトニウムのようにトン単位で生成する核種が学問の中心にあったが、近年発見される新規人工放射性元素は半減期がmsec以下であり、且つ1つ2つと数えられるほどしか生成しないので、すっかり原子核物理学である。あるいは放射化学のことをさしている場合が多い。

原子核に対して、中性子を吸収させるか、他の核種を核融合させると別の核種に転換される。前者は電荷を持たないので比較的容易に核に吸収させることが可能であるが、後者は電荷の障壁を越えるためにエネルギーが必要な一方、余剰なエネルギーは核を不安定化させて、更なる核分裂の要因となるので、精密な入射エネルギーのコントロールが必要である。

転換された核種が陽子過剰あるいは中性子過剰が進むと不安定核となりアルファ崩壊、ベータ崩壊や核分裂を引き起こす。一方、核子数の魔法数(マジックナンバー)が知られており、特定の数の場合エネルギー準位の閉殻構造をとるので原子核が安定化すると考えられている。

ラジカル重合

ラジカル重合(フリーラジカルをradical polymerization)で誘発させ、チェーン成長(チェーン成長)の自由な基増加の重合反応。と呼ばれる遊離基重合。付加重合反応、大多数はくわえますから不飽和二重結合のセン類単体原料を開け、単体分子中の二重結合、分子間を繰り返しの付加反応、多くの単体につながって、形成の大分子。それは主な応用セン類の付加重合。最も常用の自由な基の方法は誘発剤の熱分解や二組分開始剤の酸化還元分解反応、加熱、紫外線照射、高エネルギー放射線、電解とプラズマを誘発するなどの方法が自由な基。

ラジカル重合(ラジカルじゅうごう、radical polymerization)は高分子化学における重合反応の形式の一種であり、ラジカルを反応中心としてポリマー鎖が伸張していく反応である。

枯れセン

枯れセン、日文名称:プロメタ(基)ベンゼン、英文名称:isopropylbenzene;cumene、分子式:C9H12;(CH3)2CHC6H5、無色の液体、特殊な芳香臭、分子量:120.19、蒸気圧:2.48kPa / 50℃で、閃時:31℃で、溶接点:- 96.0℃、沸点:152.4℃で、水に溶けないで、混合溶けノール、エチルエーテル、ベンゼン、四塩化炭素など多くの有機溶剤、相対密度(水=1)0 . 86;相対密度(空気=1)4、主に作として有機合成溶剤。

アルキル化反応

有機化合物の分子の中でさえ炭素、酸素と窒素の水素原子の反応に取って代わられアルキル。炭素原子のアルキル化カルボニルのa①炭素に水素のアルキル化。カルボニルのa炭素の水素が弱酸性、カルボニルのa炭素原子は強アルカリ(アミノ酸ナトリウム、水添ナトリウム)の作用で、とハロゲン化アルキル発生アルキル化反応生成a炭素アルキル化の産物。

アルキル化(アルキルか、alkylation)とは、一般には置換反応または付加反応により化合物にアルキル基を導入する化学反応の総称である[1]。広義には反応形式としてアルキル基が置換される反応も含める。

さまざまな化学反応がアルキル化に利用されるが、それぞれに特徴や制限が異なりすべての場面に使用しうるアルキル化反応は存在しない。以下に代表的なアルキル化反応について説明する。

H3O

水和水素イオンとは水素原子を電子後、殘りは1つの陽子構成の核、すなわち水素イオン。水素イオンは「裸の陽子、半径は小さいが、水の分子を生成されやすい水和水素イオンで、通常H3O表示。簡便にするためにも、常にH3O Hを書く。

重量分析

重量分析(gravimetric analysis)化学分析の中の一種の定量的測定方法とは、品質を測定値の分析方法。被測定組をそれぞれ他の分離、重さを量って計算量。お0.1-0.2%低い組分含有量に測定誤差はわりに大きくて、避ける用と重量法。

定量分析(ていりょうぶんせき、quantitative analysis)とは、試料中にある成分量を決定するために実施する化学分析である。試料中の成分が未知である場合は、定量分析に先立って定性分析を実施する。

古典的には成分の重量を測定する重量分析〈じゅうりょうぶんせき、gravimetric analysis〉、容量を測定する容量分析〈ようりょうぶんせき、volumetric analysis〉、化学変化による色調変化を比較測定する比色分析〈ひしょくぶんせき、colorimetric analysis〉の3つの分析方法に分類される。前二者は物理的な物理量を直接測定し物質量を決定するが、比色分析は予め、含量を精密に決定した基準試料〈きじゅんしりょう、authentic sample〉を複数用意して化学変化の度合を未知試料と比較して間接的に決定する。

重量分析では、測定に先立って成分の分離を行い、その後質量を計測する必要がある。たとえば、試料中の塩化物イオンを硝酸銀を加えて塩化銀としてすべて沈澱させ、生成した塩化銀を濾過で分離捕集して乾燥重量を測定する。あるいは元素分析では炭素、水素、窒素量は重量分析で決定する。

容量分析は分離精製した気体の体積測定も含まれるが、通常は滴定法による滴下した容量を測定することを意味する。すなわち、滴下容量は試料中の成分の当量に比例するので、容量から当量を換算して成分量を決定する。

今日の機器分析では色調以外にも、電気,光学的強度,磁気,熱,放射能など多彩な物理量を測定することで定量分析が可能であるが、それらも比色分析同様に基準試料の応答と比較することで間接的に物質量を決定する。測定する物理変化量と物質量の間に、線形なグラフが成立する場合は検量線により、基準試料の空隙を補完することで精密に定量することが可能である。

今日では成分分離に高速液体クロマトグラフィー法を量測定に各測定器を組み合わせた分析機器が定量分析用機器の主流になっている。

硫酸ニコチン

硫酸ニコチン属高毒化学物質。目に、皮膚や粘膜刺激の作用。体内に入り、チアノーゼを引き起こす。接触した後も頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、めまい、痙攣など。環境も危害、水は汚染。

硫酸ニコチン(りゅうさんニコチン)は殺虫剤の一種で、化学式は C10H14N2・1/2 H2SO4。特異臭のある微酸性褐色液体。有効成分はニコチン。不揮発性で、このままでは殺虫効果は望めず、使用に際して炭酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、石灰などでアルカリ性にしてニコチンを遊離させる。殺虫力は強いが、植物には無害、一方で人畜毒性は高く毒物に指定されている。

速効性で殺卵効果もある。野菜、果樹のアブラムシ、グンバイムシ、スリップスなどの防除に用いられた。毒物で取扱が難しいことから、近年余り使われなくなり、農薬の登録も失効した。