動的超高圧技術

強い衝撃(つまり衝撃波)媒質(主に固体)に広まった時に、媒体の圧力、密度、温度など状態パラメトリック急激な変化。この状態と呼ばれるダイナミック超高圧状態が生じ、強衝撃波の技術と呼ばれるダイナミック超高圧技術(dynamic ultra-high pressure technique)。動的超高圧技術と理論は第二次世界大戦の後期に成熟した。その任務は通常研究固体標的はダイナミック超高圧(圧力は100キロバール以上、1巴は10パ)の条件の下での力学の性質。この場合、標的材料のせん断剛性、それらに対して力学応答特性の影響は無視する。

デメトン

デメトン、有機リン係農薬、主要な成分はO、O – 2エチル- O -(2 -エチルチオエチル)チオホスファイトとO、O – 2エチル- S -(2 -エチルチオエチル)チオホスファイトの混合物、薄い黄色マイクロ水に溶け油状液もつチオール臭い。背が高くて毒係農薬。

デメトン
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 126-75-0
PubChem 24723
ChemSpider 23115 チェック
特性
化学式 C8H19O3PS2
モル質量 258.3384
外観 無色の油状
密度 1.146 g/cm3
沸点

128 °C, 401 K, 262 °F

水への溶解度 2.0 g/100 mL
屈折率 (nD) 1.5
危険性
引火点 147.6 °C
半数致死量 LD50 1.5 mg/kg (oral, rat)
関連する物質
関連するチオリン酸エステル 殺鼠剤 デメトン-S-メチル
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

デメトン (デメトン) 化学式がC8H19O3PS2で表されるチオリン酸エステルで、殺鼠剤に使われる。

デメトン

デメトン、有機リン係農薬、主要な成分はO、O – 2エチル- O -(2 -エチルチオエチル)チオホスファイトとO、O – 2エチル- S -(2 -エチルチオエチル)チオホスファイトの混合物、薄い黄色マイクロ水に溶け油状液もつチオール臭い。背が高くて毒係農薬。

デメトン
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 126-75-0
PubChem 24723
ChemSpider 23115 チェック
特性
化学式 C8H19O3PS2
モル質量 258.3384
外観 無色の油状
密度 1.146 g/cm3
沸点

128 °C, 401 K, 262 °F

水への溶解度 2.0 g/100 mL
屈折率 (nD) 1.5
危険性
引火点 147.6 °C
半数致死量 LD50 1.5 mg/kg (oral, rat)
関連する物質
関連するチオリン酸エステル 殺鼠剤 デメトン-S-メチル
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

デメトン (デメトン) 化学式がC8H19O3PS2で表されるチオリン酸エステルで、殺鼠剤に使われる。

塩素酸亜鉛

塩素酸亜鉛は化学物質、助燃は、刺激性。目に、皮膚や粘膜刺激の作用。吸入を引き起こす気管支肺炎。误服を引き起こす吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの急性胃腸炎の症状。

塩素酸亜鉛[1]
識別情報
CAS登録番号 10361-95-2
PubChem 25206
特性
化学式 Zn(ClO3)2
モル質量 232.29 g/mol
外観 黄色の吸湿性のある固体。
密度 2.15 g/cm3
融点

60℃ (分解)

水への溶解度 200 g/100 mL (20℃)
危険性
EU分類 not listed
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

塩素酸亜鉛(えんそさんあえん、英Zinc chlorate)は、 Zn(ClO3)2で表される無機化合物。吸湿性があり、一般には六水和物が流通している。他の塩素酸塩と同様、強い酸化性を有する。

空間の化学

空間化学研究スペースケミストリー化学元素とその同位元素の起源と分布や、宇宙空間物質の化学的組成と化学進化法則の学科、すなわち研究元素と核種の空間分布や時間の進化の過程を、「宇宙化学。空間の化学は宇宙科学の重要な構成部分として宇宙物理学、天文学と地球化学などの学科相互浸透、交差発展。

世界农化網

世界农化網- Agropagesは現在、世界で唯一に専念する農業用化学品貿易のオンラインプラットフォームは、カナダスタンリー国際(StanleyされAllianceインターナショナル。、Ltd)独占専門製造して、豊かなサプライヤーの名簿と強い構内検索エンジン、助けの助グローバル农化バイヤー実現有効購買と契約を通じて全面的な农化アウトソーシング;関連業界情報や個性的なカスタマイズサービスを提供し、全世界の農業用化学分野に関する企業と買い手の間実現も経済実効のオンラインドッキング。

カール・フィッシャー滴定

酸化還元反応を利用して非水溶液の中で容量分析の方法は、1935年、K .フィッシャーに提出し、主に微量の水分の測定。

カール・フィッシャー滴定(カール・フィッシャーてきてい)は、分析化学における古典的な滴定法のひとつである。電量もしくは容量滴定により、試料中の微量の水の量を決定する。ドイツの化学者、カール・フィッシャーによって1935年に発明された。

塩素酸タリウム

塩素酸タリウムが、危険化学製品。粉塵の目に、粘膜刺激。吸入、摂取や経皮吸収後も中毒を起こす。心が引いて、肝臓と腎臓の損害。全身の毛が抜けるはその中毒の特徴が、眉の内側の3分の1の苦労はよくない。また、環境にも一定の危害。