フッ化ビニリデン

れフッ化ビニリデン、無色のガス、水に溶けないで、溶けエタノールやエーテル。重合しやすい、とトリフルオロ塩化ビニル・ヘキサフルオロプロピレン共重合割などフッ素ゴム。は二フッ素エタンと塩素経熱裂解脱塩化水素システム。

フッ化ビニリデン
vinylidene fluoride
識別情報
CAS登録番号 75-38-7 チェック
国連番号 2347
特性
化学式 C2H2F2
外観 無色の気体
密度 2.2g/cm3
融点

-144℃

沸点

-83℃

水への溶解度 不溶
危険性
主な危険性 爆発性
発火点 640 °C
関連する物質
関連物質 1,1-ジクロロエチレン
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

フッ化ビニリデン(英: vinylidene fluoride)は化学式C2H2F2で表される化合物。

栲胶

栲胶(tannin extract)は、豊富な植物タンニンの原料である経浸水や濃縮などの措置の加工制の化学製品。通常は、シュロの黄色~褐色、粉状や塊状。主になめし、製革業になめし剤と呼ばれる植物。また、ボイラー水処理に使わ選鉱抑制剤、掘削スラリー輸送や金属表面予防抑制剤、凝縮類栲胶も木工接着剤。

硫酸トリエチルスズ

硫酸トリエチルスズ化学物質、燃える、高毒、具刺激性。直接接触しやすい中毒、吸収有機スズ化合物も中毒性脳浮腫、後遺症を生むことができて、例えば麻痺し、精神異常と知的障害。

硫酸トリエチルスズ

硫酸トリエチルスズ化学物質、燃える、高毒、具刺激性。直接接触しやすい中毒、吸収有機スズ化合物も中毒性脳浮腫、後遺症を生むことができて、例えば麻痺し、精神異常と知的障害。

硫酸カドミウム

健康被害:急性中毒を引き起こす気道吸入:刺激症状、化学性肺炎、肺水腫を引き起こす;食べて後の急激な胃腸刺激症状、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、里急后重、全身がだるい、筋肉の痛みや虚脱など。慢性中毒:慢性中毒、肺気腫、腎機能障害(蛋白尿)を主要な表現で、続いて鉄欠乏性貧血、嗅覚減退や喪失等。

硫酸カドミウム
識別情報
CAS登録番号 10124-36-4 チェック
7709-84-3 (一水和物)
15244-35-9 (八水和物)
EINECS 233-331-6
国連番号 2570
RTECS番号 EV2700000
特性
化学式 CdSO4
CdSO4·H2O (一水和物)
3CdSO4·8H2O (八水和物)
モル質量 208.47 g/mol (無水物)
226.490 g/mol (一水和物)
769.546 g/mol (八水和物)
外観 吸湿性のある白色固体
密度 4.691 g/cm3 (無水物)
3.79 g/cm3 (一水和物)
3.08 g/cm3 (八水和物) [1]
融点

1000℃ (無水物)
105℃ (一水和物)
40℃ (八水和物)

沸点

(分解)

水への溶解度 (無水物)
75 g/100 mL (0℃)
76.4 g/100 mL (25℃)
58.4 g/100 mL (99℃)


(八水和物)
易溶
溶解度 エタノールに不溶
構造
結晶構造 斜方晶系 (無水物)
单斜晶系 (八水和物)
危険性
MSDS [1]
EU分類 Carc. Cat. 2
Muta. Cat. 2
Repr. Cat. 2
Very toxic (T+)
Dangerous for the environment (N)
EU Index 048-009-00-9
Rフレーズ R45, R46, R60, R61, R25, R26, R48/23/25, R50/53
Sフレーズ S53, S45, S60, S61
関連する物質
その他の陰イオン 酢酸カドミウム、
塩化カドミウム、
硝酸カドミウム
その他の陽イオン 硫酸亜鉛、
硫酸カルシウム、
硫酸マグネシウム
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

硫酸カドミウム(りゅうさんカドミウム、英 Cadmium sulfate)はカドミウムの硫酸塩で、化学式CdSO4で表される無機化合物。無水物、一水和物、八水和物がある。

菜種油

ツバキ油を指す平常用の落花生油やなたね油加熱後、まだ炒めた料理やまだ揚げものの油、つまり加熱後の油を使ってない。四川人の純菜種油を食用の植物油。

食用油の必須脂肪酸[1]

キャノーラ油
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 3,699 kJ (884 kcal)
炭水化物 0 g
- 糖分 0 g
- 食物繊維 0 g
脂肪 100 g
- 飽和脂肪酸 7.365 g
- 一価不飽和脂肪酸 63.276 g
  – トランス脂肪酸 0.395 g
- 多価不飽和脂肪酸 28.142 g
  – ω-3脂肪酸 9.137 g
  – ω-6脂肪酸 18.64 g
タンパク質 0 g
水分 0 g
ビタミンA相当量 0 μg (0%)
- βカロテン 0 μg (0%)
- ルテインおよびゼアキサンチン 0 μg
ビタミンB1 0 mg (0%)
ビタミンB2 0 mg (0%)
ビタミンB3 0 mg (0%)
パントテン酸(ビタミンB5 0 mg (0%)
ビタミンB6 0 mg (0%)
葉酸(ビタミンB9 0 μg (0%)
コリン 0.2 mg (0%)
ビタミンB12 0 μg (0%)
ビタミンC 0 mg (0%)
ビタミンD 0 IU (0%)
ビタミンE 17.46 mg (116%)
ビタミンK 71.3 μg (68%)
カルシウム 0 mg (0%)
鉄分 0 mg (0%)
マグネシウム 0 mg (0%)
マンガン 0 mg (0%)
セレン 0 μg (0%)
リン 0 mg (0%)
カリウム 0 mg (0%)
塩分 0 mg (0%)
亜鉛 0 mg (0%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
キャノーラ油(100g中)の主な脂肪酸の種類[1]
項目 分量(g)
脂肪 100
飽和脂肪酸 7.365
16:0(パルミチン酸) 4.298
18:0(ステアリン酸) 2.087
一価不飽和脂肪酸 63.276
18:1(オレイン酸) 61.744
多価不飽和脂肪酸 28.142
18:2(リノール酸) 19.005
18:3(α-リノレン酸) 9.137

菜種油(なたねゆ、なたねあぶら、英: rapeseed oil)とは、主にセイヨウアブラナから採取した植物油脂の一種。食用及び食品加工用に使われる。かつては灯火の燃料としても利用された。2009年の全世界における植物油の生産量は、パーム油・大豆油・菜種油・ひまわり油の順で3番目となっている[2]。日本では菜種油が食用油の全生産量の6割を占めている[3]

キャノーラ油 (英: canola oil) は、菜種油のうち、品種改良によってエルカ酸(エルシン酸)とグルコシノレートを含まないキャノーラ品種から採油されたものである。カナダで開発されたためこの名が付けられた[4]。したがって、菜種油とキャノーラ油は厳密には同じものではない。一方、日本の食用向けの国産油は主に有害なエルカ酸を含まない無エルカ酸品種から搾油されているため、菜種油の呼称が一般的である。

長江大学の化学と環境の工程学院

学院の始まりは、1978年に現に化学係(応用化学研究所)、応用化学係(油田化学研究所)、化学工学部(化学研究所)、高分子材料係(材料研究所)、環境工学科(環境保護研究所)、大学化学教育部と実験センターなど七つの教育係、部(大学)、センター。大学は、既存の「化学、応用化学、高分子材料と工事、環境の工程と化学工学と技術」など5つの本科の専門。1989年の修士の大学院生を始め、今では「応用化学、環境工学、化学プロセス」の3つの修士授権点。

醚菊酯ジクロロベンゼン

この品を効率的に低殺虫剤、予防と治療の綿、水稲、野菜、果樹茶などの多種の作物害虫、にも使われる家畜衛生害虫や害虫防除。殺虫作用が強い、低い濃度で中毒死を害虫、農業に治虫有効の濃度はほとんどの100ppm以下で、普通は20-50ppm、ムーあたりの有効成分の量は5-10ml一般。

フッ素ゴム

フッ素ゴム超高温、耐油及び耐侵食多種の化学薬品の特性は、現代的な航空、ミサイルやロケットや宇宙航行など先端科学技術に欠かせない材料。フッ素ゴム(fluororubber)とは、主链や側鎖の炭素原子に含まれるフッ素原子の合成高分子弾性体。最古のフッ素ゴムを1948年アメリカDuPont会社が試作のポリ- 2 -モノフルオロ- 1 . 3 -ブタジエンスチレン、アクリルなどとの共重合体が、性能はネオプレンゴムより、丁突き出て、しかも高価、実際的な工業価値がない。50年代後期には、アメリカThiokol社が開発した一種の低温性、耐強酸化剤の二元ニトロソフッ素ゴム、フッ素ゴムに実際的な工業応用。その後、技術の進歩に従って、各種の新型フッ素ゴムが次々と開発されて。

フッ素樹脂(フッそじゅし、fluorocarbon polymers)とは、フッ素を含むオレフィンを重合して得られる合成樹脂の総称である。耐熱性耐薬品性の高さや摩擦係数の小さいことが特徴である。中でも最も大量に生産されているフッ素樹脂はポリテトラフルオロエチレン〈四フッ化樹脂〉である。

また、フッ素ゴムは部分フッ素樹脂あるいはフッ素樹脂の共重合体をフォームに加工したものである。

「テフロン」はデュポン社のフッ素樹脂やその加工製品商標[1]