重の適正化

つまり克服量子場の理論の中の発散困難、理論計算を順調に1種の理論の処理方法。重の適正化手法を運用しての成功はまず量子電動力学問題で実現している。

金属発汗材料

金属発汗材料metal、sweating material高融点金属と低融点金属複合構成の1種の特殊な放熱材料。高融点金属構成多孔性のマトリックス、空隙の中で低融点金属。このような複合材料の高温の仕事をする時、低融点金属蒸発吸熱、それによって冷却材表面。金属発汗材料は人体蒸発汗吸熱体温を下げるの原理にデザインされた、だから。

ケイ酸銅バリウム

ケイ酸銅バリウムは珍しいの紫色の顔料、それはかつて秦兵馬俑の彩色上絵に分析されても、それ秦俑最古の実物を使う。ケイ酸銅バリウムは水に溶けやすいない、今の最新の科学技術の才能の合成物質(天然存在)が、所属ケイ酸銅とケイ酸バリウム構成元複塩。ケイ酸銅バリウムの化学式はBaCuSi2O6。

ポリイソプレン

ポリイソプレンはイソプレン(2-メチルブタジエン)のポリマー。

ゴム (蘭: gom)は、元来は植物体を傷つけるなどして得られる無定形かつ軟質の高分子物質のことである。現在では、後述の天然ゴムや合成ゴムのような有機高分子を主成分とする一連の高弾性材料すなわち弾性ゴムを指すことが多い。漢字では「護謨」と書き、この字はゴム関連の会社名などに使われることが多い。エラストマーの一種であり、エラストマーはゴムと熱可塑性エラストマーの二つに分けられる。

天然ゴムの原料となるラテックスの採取

チタン

チタンは1種の金属元素で、グレー、原子番号22、相対原子質量47.867。は窒素に燃え、高融点。チタンチタンを中心に鈍いと合金は新型の構造材料、主に航空宇宙産業や航海工業。

スカンジウム チタン バナジウム
-

Ti

Zr
Element 1: 水素 (H), 非金属
Element 2: ヘリウム (He), 希ガス
Element 3: リチウム (Li), アルカリ金属
Element 4: ベリリウム (Be), 卑金属
Element 5: ホウ素 (B), 金属
Element 6: 炭素 (C), 非金属
Element 7: 窒素 (N), 非金属
Element 8: 酸素 (O), 非金属
Element 9: フッ素 (F), ハロゲン
Element 10: ネオン (Ne), 希ガス
Element 11: ナトリウム (Na), アルカリ金属
Element 12: マグネシウム (Mg), 卑金属
Element 13: アルミニウム (Al), 卑金属
Element 14: ケイ素 (Si), 金属
Element 15: リン (P), 非金属
Element 16: 硫黄 (S), 非金属
Element 17: 塩素 (Cl), ハロゲン
Element 18: アルゴン (Ar), 希ガス
Element 19: カリウム (K), アルカリ金属
Element 20: カルシウム (Ca), アルカリ土類金属
Element 21: スカンジウム (Sc), 遷移金属
Element 22: チタン (Ti), 遷移金属
Element 23: バナジウム (V), 遷移金属
Element 24: クロム (Cr), 遷移金属
Element 25: マンガン (Mn), 遷移金属
Element 26: 鉄 (Fe), 遷移金属
Element 27: コバルト (Co), 遷移金属
Element 28: ニッケル (Ni), 遷移金属
Element 29: 銅 (Cu), 遷移金属
Element 30: 亜鉛 (Zn), 卑金属
Element 31: ガリウム (Ga), 卑金属
Element 32: ゲルマニウム (Ge), 金属
Element 33: ヒ素 (As), 金属
Element 34: セレン (Se), 非金属
Element 35: 臭素 (Br), ハロゲン
Element 36: クリプトン (Kr), 希ガス
Element 37: ルビジウム (Rb), アルカリ金属
Element 38: ストロンチウム (Sr), アルカリ土類金属
Element 39: イットリウム (Y), 遷移金属
Element 40: ジルコニウム (Zr), 遷移金属
Element 41: ニオブ (Nb), 遷移金属
Element 42: モリブデン (Mo), 遷移金属
Element 43: テクネチウム (Tc), 遷移金属
Element 44: ルテニウム (Ru), 遷移金属
Element 45: ロジウム (Rh), 遷移金属
Element 46: パラジウム (Pd), 遷移金属
Element 47: 銀 (Ag), 遷移金属
Element 48: カドミウム (Cd), 卑金属
Element 49: インジウム (In), 卑金属
Element 50: スズ (Sn), 卑金属
Element 51: アンチモン (Sb), 金属
Element 52: テルル (Te), 金属
Element 53: ヨウ素 (I), ハロゲン
Element 54: キセノン (Xe), 希ガス
Element 55: セシウム (Cs), アルカリ金属
Element 56: バリウム (Ba), アルカリ土類金属
Element 57: ランタン (La), ランタノイド
Element 58: セリウム (Ce), ランタノイド
Element 59: プラセオジム (Pr), ランタノイド
Element 60: ネオジム (Nd), ランタノイド
Element 61: プロメチウム (Pm), ランタノイド
Element 62: サマリウム (Sm), ランタノイド
Element 63: ユウロピウム (Eu), ランタノイド
Element 64: ガドリニウム (Gd), ランタノイド
Element 65: テルビウム (Tb), ランタノイド
Element 66: ジスプロシウム (Dy), ランタノイド
Element 67: ホルミウム (Ho), ランタノイド
Element 68: エルビウム (Er), ランタノイド
Element 69: ツリウム (Tm), ランタノイド
Element 70: イッテルビウム (Yb), ランタノイド
Element 71: ルテチウム (Lu), ランタノイド
Element 72: ハフニウム (Hf), 遷移金属
Element 73: タンタル (Ta), 遷移金属
Element 74: タングステン (W), 遷移金属
Element 75: レニウム (Re), 遷移金属
Element 76: オスミウム (Os), 遷移金属
Element 77: イリジウム (Ir), 遷移金属
Element 78: 白金 (Pt), 遷移金属
Element 79: 金 (Au), 遷移金属
Element 80: 水銀 (Hg), 卑金属
Element 81: タリウム (Tl), 卑金属
Element 82: 鉛 (Pb), 卑金属
Element 83: ビスマス (Bi), 卑金属
Element 84: ポロニウム (Po), 金属
Element 85: アスタチン (At), ハロゲン
Element 86: ラドン (Rn), 希ガス
Element 87: フランシウム (Fr), アルカリ金属
Element 88: ラジウム (Ra), アルカリ土類金属
Element 89: アクチニウム (Ac), アクチノイド
Element 90: トリウム (Th), アクチノイド
Element 91: プロトアクチニウム (Pa), アクチノイド
Element 92: ウラン (U), アクチノイド
Element 93: ネプツニウム (Np), アクチノイド
Element 94: プルトニウム (Pu), アクチノイド
Element 95: アメリシウム (Am), アクチノイド
Element 96: キュリウム (Cm), アクチノイド
Element 97: バークリウム (Bk), アクチノイド
Element 98: カリホルニウム (Cf), アクチノイド
Element 99: アインスタイニウム (Es), アクチノイド
Element 100: フェルミウム (Fm), アクチノイド
Element 101: メンデレビウム (Md), アクチノイド
Element 102: ノーベリウム (No), アクチノイド
Element 103: ローレンシウム (Lr), アクチノイド
Element 104: ラザホージウム (Rf), 遷移金属
Element 105: ドブニウム (Db), 遷移金属
Element 106: シーボーギウム (Sg), 遷移金属
Element 107: ボーリウム (Bh), 遷移金属
Element 108: ハッシウム (Hs), 遷移金属
Element 109: マイトネリウム (Mt), 遷移金属
Element 110: ダームスタチウム (Ds), 遷移金属
Element 111: レントゲニウム (Rg), 遷移金属
Element 112: コペルニシウム (Cn), 卑金属
Element 113: ウンウントリウム (Uut), 卑金属
Element 114: フレロビウム (Fl), 卑金属
Element 115: ウンウンペンチウム (Uup), 卑金属
Element 116: リバモリウム (Lv), 卑金属
Element 117: ウンウンセプチウム (Uus), ハロゲン
Element 118: ウンウンオクチウム (Uuo), 希ガス
Titanium has a hexagonal crystal structure
22Ti
周期表
外見
銀白色
Titan-crystal bar.JPG
一般特性
名称, 記号, 番号 チタン, Ti, 22
分類 遷移金属
族, 周期, ブロック 4, 4, d
原子量 47.867(1) g·mol-1
電子配置 [Ar] 4s2 3d2
電子殻 2, 8, 10, 2(画像)
物理特性
固体
密度 (室温付近) 4.506 g·cm-3
融点での液体密度 4.11 g·cm-3
融点 1941 K, 1668 °C, 3034 °F
沸点 3560 K, 3287 °C, 5949 °F
融解熱 14.15 kJ·mol-1
蒸発熱 425 kJ·mol-1
熱容量 (25 °C) 25.060 J·mol-1·K-1
蒸気圧
圧力(Pa) 1 10 100 1 k 10 k 100 k
温度 (K) 1982 2171 (2403) 2692 3064 3558
原子特性
酸化数 4, 3, 2, 1[1]
(両性酸化物)
電気陰性度 1.54 (ポーリングの値)
イオン化エネルギー
(詳細)
第1: 658.8 kJ·mol-1
第2: 1309.8 kJ·mol-1
第3: 2652.5 kJ·mol-1
原子半径 147 pm
共有結合半径 160 ± 8 pm
その他
結晶構造 六方晶系
磁性 常磁性
電気抵抗率 (20 °C) 420 nΩ·m
熱伝導率 (300 K) 21.9 W·m-1·K-1
熱膨張率 (25 °C) 8.6 µm·m-1·K-1
音の伝わる速さ
(微細ロッド)
(r.t.) 5,090 m·s-1
ヤング率 116 GPa
剛性率 44 GPa
体積弾性率 110 GPa
ポアソン比 0.32
モース硬度 6.0
ビッカース硬度 970 MPa
ブリネル硬度 716 MPa
CAS登録番号 7440-32-6
最安定同位体
詳細はチタンの同位体を参照
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
44Ti syn 63 y ε - 44Sc
γ 0.07, 0.08 -
46Ti 8.0 % 中性子24個で安定
47Ti 7.3 % 中性子25個で安定
48Ti 73.8 % 中性子26個で安定
49Ti 5.5 % 中性子27個で安定
50Ti 5.4 % 中性子28個で安定

チタン (英: titanium, 羅: titanium) は、原子番号22の元素。元素記号は Ti。第4族元素(チタン族元素)の一つで、金属光沢を持つ遷移元素である。チタニウムと呼ばれることもある。

地球を構成する地殻の成分として9番目に多い元素で、遷移元素としては鉄に次ぐ。普通に見られる造岩鉱物であるルチルやチタン鉄鉱といった鉱物の主成分である。自然界の存在は豊富であるが、さほど高くない集積度や製錬の難しさから、金属として広く用いられる様になったのは比較的最近である。チタンの性質は化学的・物理的にジルコニウムに近い。酸化物である酸化チタン(IV)は非常に安定な化合物で、白色顔料として利用され、また光触媒としての性質を持つ。

「He」2s22p2

炭素は一種の非金属元素は元素週期表の第2サイクルIVA族。その化学記号はC、それの原子番号は6、電子配置をHe2s22p2。炭素は1種のとても多いの元素で、それは多様な形式に広く存在し、大気と地殻の中。炭素単体早くから認識と利用、炭素化合物のシリーズ——有機物は生命の根本。ラテン語がCarbonium、意為“石炭、炭」。漢字の「炭素」の字は炭の「炭」の字を加表固体非金属元素の石偏構成、炭の字音。

脱水

脱水、人体のため消費病変、大量の水分を補充できない、即時新陳代謝障害の一種の症状は、ひどい場合に弱く、甚だしきに至っては命が危ない、点滴補充体液に依存する必要。細胞外液の減少による1組の臨床症候群に伴う血ナトリウムや浸透圧の変化、脱水は低張性脱水つまり細胞外液減少合併低い血ナトリウム;高張性脱水つまり細胞外液減少合併高血ナトリウム;等張性脱水つまり細胞外液減少なく正常血ナトリウム。

脱水(だっすい)とは、一般的には水分を含む物体から水分を減らすことを言う。

  • 化学における脱水 – 主に有機化合物から水分子の割合で水素原子と酸素原子を除く(割合は「水素:酸素=2:1」)こと。『脱水反応』を参照
  • 医学における脱水 – 体内の水分量が不足した状態のことを言い、「脱水症状」と表現されることもある。『脱水 (医療)』を参照
  • 洗濯機の脱水 – 『洗濯機』を参照

タングステン-現代工業の基礎元素

非鉄金属タングステンは属しても、重要な戦略の金属、钨矿古代「重土石」。1781年、スウェーデン化学者カール.ウィリアム。舎アリエル発見灰重石を抽出した新しい元素酸-タングステン1783年され、スペインデップ爾帝国も発見黑钨矿から抽出しタングステン、同年、炭素還元三氧化钨初めて得たタングステン粉末、そして命名当該元素。タングステン地殻の中の含有量を0.001%。発見されているのを含む鉱物は20種類のタングステン。タングステン鉱床に伴って花崗岩質マグマ活動を形成。を製錬後のタングステンは銀白色で光沢のある金属、融点が極めて高い硬度が大きい。

バイオ毒物

今人々は懸念しているという探索の第3世代の毒物の化学兵器禁止条約の締結がこの研究の発展を促進する。ヒトゲノムプロジェクトとその他の生物技術の発展は、60~70年代かつて淡水化の毒素研究再興って、今多くの毒素の生産、光と熱不安定など問題はもう解決して、毒素战剂は発展の第3世代の化学战剂の潜在的な脅威は、毒素战剂の化学防護と化学軍縮になって普遍的な関心の焦点。