細胞の増殖

細胞の増殖は生体の大切な命の特徴を分裂の方式による細胞増殖単細胞生物の細胞分裂方式の新たな個体多細胞生物の細胞分裂の方式で新たな細胞老化を補給するため体内の細胞あるいは死亡と同時に多細胞生物は一つの受精卵を細胞分裂や分化最終発育ひとつの新しい多細胞の個体を強調しなければならないと指摘し、細胞分裂を複製の遺伝の物質の平均に配属2背が細胞に見える細胞の増殖は生体の生長の発育に繁殖と遺伝の基礎

唾液腺

人や脊椎動物の口腔内分泌腺唾液の人や哺乳動物三組の大きい唾液腺すなわち耳下腺顎下線や舌下線はほかにもたくさんの小の唾液腺ともいうだ液せん口腔内のサイズの2種類の唾液腺salivary glands

①耳下腺、②顎下腺、③舌下腺

唾液腺(だえきせん、Salivary gland)は、動物の唾液を分泌する腺であり、導管は口腔に開口している。大唾液腺と小唾液腺とに分類している。脊椎動物の大唾液腺は、顎下腺舌下腺が有り、哺乳類には更に耳下腺が有る。

以下は特に記述がないかぎりヒトの唾液腺についての説明である。

セファロスポリン抗生物質

セファロスポリン抗生物質cephalosporins .分子に含まれるbaoセンの半合成抗生物質は訳セファロチンはβ-ラクタム抗生物質はβ-ラクタム抗生物質の中にの7 -アミノbaoデシル酸(7-ACA)の誘導体からそれらは似た殺菌メカニズム当薬可破壊細菌の細胞壁を繁殖して期は細菌の選択を強い殺菌作用で人に対して毒性はほとんどありません抗菌抗菌作用が強い耐譜広いペニシリンアレルギー反応が酵素ペニシリン類などの美点は1種類の珍しいので効率的に低臨床応用の重要な抗生素

フローサイトメトリー

フローサイトメトリーFlow Cytometry、FCMは一種の機能レベルで単細胞や他の生物の粒子を定量分析と選別の測定手段が高速分析の細胞を同時に万から細胞の中で測って多くのパラメータと伝統の蛍光鏡検査比べ速く精度高精度がいいなどのメリットになる現代最先端の細胞の定量分析技術

海洋性ピコ植物プランクトンの分析例

フローサイトメトリー (flow cytometry) とは微細な粒子を流体中に分散させ、その流体を細く流して、個々の粒子を光学的に分析する手法のこと。微粒子を選択的に回収することもできる。フローサイトメトリーに用いられる装置をフローサイトメーター (flow cytometers) と呼ぶ。分取する装置をソーターと呼び、分取機能を持たない装置をアナライザと呼ぶ。主に細胞を個々に観察する際に用いられる。

一定波長の光線(通常はレーザー光)を流体に当て、通常は、光線から僅かにずれた方向(光線と同軸上では光源からの強い光によって検出器が飽和してしまう為)の前方散乱(Forward Scatter = FSCと略す)と、光線と直角の方向の側方散乱(Side Scatter = SSC)を検出する。また微粒子を蛍光物質で標識し、レーザー光によって生じた蛍光を検出する蛍光検出器が一つかそれ以上備えられている装置が多い。これらの検出器によって流体中の粒子が影響を及ぼした光、および蛍光を検出する。これらの検出された光の集合から粒子の物理・化学的性質を推定することができる。 細胞の場合、FSCからは細胞の大きさが、SSCからは細胞内の複雑さ(核の形、細胞内小器官、膜構造などに由来)を分析できる。各検出器の組み合わせ、蛍光物質や免疫染色により非常に多様な分析が可能である。

近年では複数の光線と検出器を装備した装置が市販されており(光線4種、検出器14種など)、複数の抗体を用いることでより同時に高度な分析できるようになっている。またセルソーターを標準装備した装置もあり、シースの流路を切り換えることで高精度かつ高速で目標粒子を分取できる。市販の装置では最大4種類の集団に分出でき、理論的には1秒当り90,000個の粒子を処理できる。

食細胞

人間の食細胞が大小二種類の小さい食細胞は末梢血中中性粒の細胞の大食細胞は血中の単細胞と多種の器官の組織の中のマクロファージ両者構成単食細胞係

食細胞(しょくさいぼう;ファーゴサイトphagocyte)とは、動物体内で組織間隙を遊走し、食作用をもつ細胞の総称[1]。細胞性免疫を担い、外来の微生物などの異物を呑み込み、破壊する。

細菌培養

細菌培養は一種の人工方法細菌の生長の繁殖の技術を細菌は自然界で分布は非常に広い大きな数種類は多くそれが人類の利益にもなる病原細菌が原因の多くがその接種方法を人工的にさせる培地に生長の繁殖に培ってきた細菌研究用鑑定と応用は細菌培養複雑な技術

リポソーム

リポソームliposomeは一種の人工膜水中で燐脂分子親水頭部を水中リポソーム疎水尾部伸ばす送風後形成層脂の分子の球形脂質体の直径25~1000nm不等リポソーム使える遺伝子組み換えや調合薬を利用してリポソームと細細胞膜融合の特徴は薬を細胞内に生物学定義が両性分子がもし燐脂と鞘脂分散水相時分子の疎水尾を避ける傾向が集まって水で頭部形成露出親水水相複分子層構造の閉鎖嚢泡と呼ばれる脂質体薬剤学定義脂質体(liposome):係、薬物バッグ通は類脂質二重層内で形成のマイクロ泡嚢体

シナジー

いわゆる協同を指して協調を二個あるいは二つ以上の異なる資源や個体協同一緻しある目標の過程や能力によって、すべてのに役立つと協同のソフトも呼ばれては協力してソフトウェアをクリックして科学技術を代表の中で

シナジー
Sinergy
基本情報
出身地 フィンランドの旗 フィンランド 南スオミ州
ウーシマー県 ヘルシンキ
ジャンル パワー・メタル
活動期間 1997年 – 2005年
レーベル ニュークリア・ブラスト
トイズファクトリー
メンバー
キンバリー・ゴス (ボーカル)
アレキシ・ライホ (リード&リズムギター)
ローペ・ラトヴァラ (リード&リズムギター)
ラウリ・ポラー (ベース)
マッツ・カールソン (ドラムス)
旧メンバー
イェスパー・ストロムブラード (リズムギター)
シャーリー・ダンジェロ (ベース)
マルコ・ヒエタラ (ベース)
メラニー・シスネロス (ベース)
ロニー・ミリアノヴィック (ドラムス)
トミー・リルマン (ドラムス)
ヤンネ・パルヴィアイネン (ドラムス)

シナジー (Sinergy) は、エインシェントなどで活躍したキンバリー・ゴスと、チルドレン・オブ・ボドムのアレキシ・ライホを中心に結成されたフィンランドのヘヴィメタルバンド。

ゴスの弁によると、彼女以外の主だったメンバーがそれぞれのバンドでの活動等に専念しているため活動再開の目途が全く立たず、事実上の解散状態となった。その後、4thアルバムを2006年にリリースする話が持ち上がったものの、結局、作成されることのないまま[1]、自然消滅した[2]

Page 3 of 8012345678910...203040...Last »