アデノシン三磷酸酶

アデノシン三磷酸酶は、触媒加水分解ATPをADPと無機リン酸の酵素種類;し、細胞膜に原形質膜と液胞アデノシン三リン酸分解してエネルギーを釈放する酵素触媒ATP加水分解が発生、ADPと無機リン酸を解放できる酵素自由。

四氟代ヒドラジン

四氟(代)ヒドラジン、GB番号23031、10036-47-2 CAS登録番号。四氟(代)ヒドラジン猛毒熱分解放出高毒のF -とNOx煙、化学的性質が非常に不安定で、燃焼(分解)に生成して窒素酸化物、フッ化水素。

陈国符

陈国符、工業の化学家と教育者であり、『道蔵』の研究分野及び中国煉丹史の世界有数の学者と権威。彼は長期に取り組むセルロース化学の教育と研究に仕事や「道蔵』の研究、育成の教育と研究の中堅人材し、『道蔵』の研究に大きく貢献してき。彼は最も顕著な成果は「道蔵」の研究開発という新しい学術分野と『道蔵』の書誌学や「道蔵」中国のほか丹黄ビャクジュツ(つまり中国の錬金術)史料の基礎研究。

炭化水素酸化菌

炭化水素酸化菌(HoB)は類を利用できる炭素物質とエネルギー源として炭化水素の生長の微生物、酸素の条件の下で、酸素として電子受容体を好気呼吸を酸化物質を獲得して炭化水素エネルギーが兼性嫌気性条件について、この種類の微生物の中のあるいくらかは硝酸塩還元作用の種類によっては硝酸塩として電子受容体。

硫酸特た彼は林

一種類の薬の名詞、別名の間ヒドロキシ舒喘灵、叔丁あえぎ寧、主に気管支喘息、ぜんそく型気管支炎と慢性閉塞性肺疾患の治療に気管支痙攣。

二酸化鉛

銅色の結晶や粉末。水に溶けないとアルコール、溶け酢酸と水酸化ナトリウム。熱分解。溶け染料、電極などの製造に使う加硫剤。は漂白剤とアルカリ性水酸化鉛溶液作用で。

二酸化鉛
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 1309-60-0 チェック
PubChem 14793
国連番号 1872
RTECS番号 OGO700000
特性
化学式 PbO2
モル質量 239.1988 g/mol
外観 暗褐色または黒色の粉末
密度 9.38 g/cm3
融点

290 °C(分解)

水への溶解度 溶けない
溶解度 酢酸に溶けるが、アルコールには溶けない
屈折率 (nD) 2.3
危険性
MSDS External MSDS
EU分類 Repr. Cat. 1/3
Harmful (Xn)
Dangerous for the environment (N)
EU Index 082-001-00-6
Rフレーズ R61, R20/22, R33, R62, R50/53
Sフレーズ S53, S45, S60, S61
引火点 Non-flammable
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

二酸化鉛(にさんかなまり)は鉛と酸素の化合物。化学式はPbO2酸化鉛(IV)過酸化鉛とも呼ぶ。鉛蓄電池などの電極の材料として用いられる。

黒色から褐色の斜方晶系であるα相と、黒色で正方晶系のβ相の多形があり、比重はそれぞれ9.773と9.696g/cm3である。水には不溶で、塩酸には塩素を発生しながら溶ける。

アクチノイド元素

アクチノイド元素(actinicles)は週期係ⅢB族の中で原子番号は89~103の15種類の化学元素の総称。含むトリウム、锕、镤やウラン、镎、プルトニウム、镅、綴じ、锫、锎、锿、镄、钔、锘、γā、それらはすべて放射性元素。ウラン以降の原子番号93~109の17種類の元素と呼ばれる超ウラン元素。前4種類の元素の锕やトリウム、镤やウラン、自然界に存在し、殘りの11種全部を人工的に合成で核反応。

3
6 57-71
ランタノイド
7 89
Ac
90
Th
91
Pa
92
U
93
Np
94
Pu
95
Am
96
Cm
97
Bk
98
Cf
99
Es
100
Fm
101
Md
102
No
103
Lr

アクチノイド (Actinoid) とは、原子番号89から103まで、すなわちアクチニウムからローレンシウムまでの15の元素の総称である。

乳剤

乳剤は乳化の溶液を経て、通常は水と油の混合液。種類があり、一つは水に分散している油の中で、もう一つは分散水中油。

エマルションまたはエマルジョン(英: Emulsion)とは、分散質・分散媒が共に液体である分散系溶液のこと。乳濁液(にゅうだくえき)あるいは乳剤(にゅうざい)ともいう。身近な例としてはマヨネーズ・木工用接着剤・アクリル絵具・写真フィルムの感光層・アスファルト舗装のシール剤が挙げられる。

ときどきエマルション液滴という記述があるが、エマルションとは懸濁しているを指しており、分散媒中の滴を指す言葉としては誤りである(このままだとエマルションの状態を保った液体の液滴、という意味になってしまう)。

分離している2つの液体をエマルションにすることを乳化(にゅうか)といい、乳化する作用を持つ物質を乳化剤(にゅうかざい)という。

古い文献などではエマルジョンという表記も見られ、これはドイツ語読みだと思われているが、実際は日本語読みである(ドイツ語に近い発音はエムルズィオーン)。現在、JIS規格ではエマルションと表記するのが正しい。また、同義語として、ラテックスという語も広く使用されている。

化粧品の乳液を指すこともある。一方、農薬ではエマルションと乳剤を区別し、有効成分を有機溶剤および界面活性剤に溶解した溶液(水と混合してエマルションにしてから使用する)を乳剤(emulsion concentrate:EC)と呼ぶ。

溶融重縮合

単体でとポリマ-の溶融温度以上はそれらを加熱溶融、そして溶融状態の方法を重縮合。ポリマ-のメルト直接紡糸、成膜あるいは鋳帯切り粒、適用ポリエステルやポリアミド制造。

塩効果

弱電解質溶液への参加と弱電解質も同じイオンの強電解質溶液中でイオンの時に、その総濃度は増大して、イオン間の相互作用を牽制で弱電解質解離の陰、陽イオン結合形成分子の機会が減少し、それによって弱電解質分子濃度イオン濃度小さく、相応の増大、解離度は増大して、この効果とは、塩効果(salt補助)。溶解度下がる時には塩析効果(saltingout)を溶けますし、逆に塩効果(saltingin)。