酪酸ブチル

酪酸ブチル常温の状態では無色透明、果物の香りの液体クロマトグラフィー分析、使える溶剤、標準物質、有機合成にも使えるエッセンス配合で。

酪酸ブチル
butyl butyrate[1]
識別情報
CAS登録番号 109-21-7
特性
化学式 C8H16O2
モル質量 144.22
外観 無色の液体
匂い 果実香
沸点

165℃

水への溶解度 ほとんど不溶
溶解度 アルコール、油類に可溶
屈折率 (nD) 1.405-1.407
危険性
引火点 53.3℃
半数致死量 LD50 2.3g/kg(ラット経口)
5g/kg以上(ウサギ経皮)
関連する物質
関連物質 酪酸イソブチル
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

酪酸ブチル(らくさんブチル英: heptyl butyrate)は、示性式C3H7COOC4H9で表される酪酸エステルの一種。新鮮なバナナ・パイナップルのような果実香を持ち、香料などに用いられる。

ヤクモソウアルカリ

ヤクモソウアルカリ(Leonurine)、学名3、5 – 2メトキシ- 4 -ヒドロキシ-安息香酸(4 -胍基)- 1 -ブチル、よくある者はその塩酸塩合物。抽出は唇形科の植物の雛ヤクモソウ(Leonurus sibiricus L .)の葉、またはヤクモソウ(L.heterophyllus Sweet)、ヨモギヤクモソウ(L . artemisia)全草。は、血行をよくすること化淤利水を散らす作用。

抽出蒸留

抽出蒸留は化学に常用の分離の液体の混合物の実験の方法で、原理的には二種類の化合物はお互いに溶(あるいはマイクロ溶け)の溶剤に溶解度や分配係数の違いから、化合物1種の溶剤に移ってまた1種の溶剤に。何度も繰り返し抽出は、ほとんどの化合物抽出。抽出蒸留所用の器具がアルコールランプ、鉄骨台、石綿網、三角フラスコ、牛の角管、ビーカー、コンデンサーなどの実験室の常用機器。現在、抽出と蒸留が広く応用日常生活や工業生産。

ピレトリン

別名:天然ピレトリン。は、駆虫菊(Pyreyhrum cineriifoliun Trebr)で分離抽出の殺虫効果の有効成分を持っている。それはピレトリンI(pyrethrinsⅠ)、ピレトリンII(pyrethrins II)、瓜菊素I(cinerinⅠ)、瓜菊素II(cinerin II)、ジャスミン菊素I(jasmolin I)、ジャスミン菊素II(jasmolin I)からなる。

ピレスロイド (pyrethroid) とは、除虫菊 (Chrysanthemum cinerariaefolium Bocquilon) に含まれる有効成分の総称で、今日では各種誘導体が合成され広く殺虫剤として利用されている。天然に産するピレスロイドは菊酸を共通構造にもっており、ピレトリン I (Pyrethrin I) とピレトリン II (Pyrethrin II) を主成分とする6種の化合物の混合物である。また、微量成分のピレスロイドとしてシネリン Iシネリン II あるいはジャスモリン Iジャスモリン II も含まれ、いずれもピレトリンと同様な作用を持つことが知られている。

ピレトリンの誘導体は合成ピレスロイドと呼ばれ、アレスリンなどが知られている。ピレスロイド類は昆虫類・両生類・爬虫類の神経細胞上の受容体に作用し、Na+チャネルを持続的に開くことにより脱分極を生じさせる神経毒である。哺乳類・鳥類の受容体に対する作用は弱いので安全性の高い殺虫剤である。初期の合成ピレスロイドには菊酸構造が存在したが、現在の合成ピレスロイドには共通化学構造はもはや存在しない。

化学発癌物質

化学発癌物質、凡そが引き起こす動物と人類腫瘍、増加の発症率や死亡率の化合物。例えば:アフラトキシン、ベンゾピレンおよびベンゼンなど。

赤チン

マーキュロクロム、有機化合物、つまり2、7 -二臭化- 4 -ヒドロキシ水銀に基づく蛍光赤双ソーダ;別名の红汞緑色を帯び、靑や绿赤褐色のチップまたは粒子。無におい。吸湿性がある。は水に溶けやすい、マイクロ溶けエタノールやアセトン、に溶けないクロロホルムとエーテル。その水溶液は桜の赤や暗い赤色、希釈時顕緑色蛍光、遇稀無機酸は析出瀋殿。医薬には外用消毒剤。その2%水溶液、通称赤チン適用される表淺創面皮膚外傷の消毒。それの水銀のイオン解離後タンパク質と結合することによって殺菌作用があり、細菌無性芽を無効にし、防腐作用が弱い、突き抜けて完備しにくい肌。肌への刺激が少ない。しかし同時に使用できないとヨード?チンキ。

メルブロミン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 129-16-8 (二ナトリウム塩), 55728-51-3 (メルブロミン)
日化辞番号 J8.593F
EINECS 204-933-6
KEGG D00861
特性
化学式 C20H8Br2HgNa2O6
モル質量 750.65 g mol−1
外観 暗緑色固体
融点

> 300 °C[1]

水への溶解度 1500 g L−1(20 °C) (二ナトリウム塩)[2]
危険性
主な危険性 毒性、環境への危険性
Rフレーズ R26 R27 R28 R33 R50 R53
Sフレーズ S13 S28 S36 S45 S60 S61
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

メルブロミン(merbromin)は、皮膚・キズの殺菌・消毒に用いられる局所殺菌剤である。メルブロミンは有機水銀二ナトリウム塩化合物であり、フルオレセイン骨格を有する。化合物名は水銀 (Mercury) + 臭素 (bromine) に由来する。

メルブロミンの水溶液(メルブロミン液)は暗赤褐色の液体であり、商品名のマーキュロクロム液あるいは通称の赤チン(あかチン)として知られている。通称の赤チンは「赤いヨードチンキ」の意味で、同じ殺菌・消毒の目的で使われる希ヨードチンキが茶色なのにたいして本品の色が赤いことからつけられた。マーキュロクロム液は水溶液なのでチンキ剤ではない。

アメリカ合衆国での商品名は、Mercurochrome、Merbromine、Sodium mercurescein、Asceptichrome、Supercrome、Brocasept、Cinfacrominなど。

フッ化スルフリル

フッ化スルフリル、常温では無色無臭ガス常圧。400℃の時には安定した、反応性が強くない。フッ化スルフリルでは拡散浸透性が強い、広い譜殺虫、薬物の使用量省、殘留量が低い、殺虫のスピードが速くて、散ガスの時間が短くて、使うのは便利で、低温発芽率に影響がないと毒性が下等な特徴、ますます広く応用倉庫、船、コンテナと築物、堤防、ダム建設しろあり防止や庭園の越冬害虫、活木に食わ乾性害虫の防除。中国は80年代初めから試作フッ化スルフリル。しかしアメリカ科学者の最新の研究によると、配布空気後1種になって強い温室効果ガス、その被害は科学者たちは、以前の判断。

フッ化スルフリル
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 2699-79-8
特性
化学式 SO2F2
モル質量 102.06 g/mol
外観 無色の気体
密度 4.172 g/L (気体)
1.632 g/mL (0 °C、圧縮液化)
融点

-124.7 °C, 148.5 K

沸点

7.1 °C, 280.3 K

水への溶解度 難溶
その他の溶媒への溶解度 SO2
構造
配位構造 四面体形
危険性
主な危険性 毒性
関連する物質
関連物質 塩化スルフリルSO2Cl2
六フッ化硫黄SF6,
三酸化硫黄SO3
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

フッ化スルフリル(フッかスルフリル、英: Sulfuryl fluoride)は化学式SO2F2で表される無機化合物。

合成インシュリン

1902年、ロンドン大学医学院の2人の生理学者BaylissとStarling動物の胃腸で見つけた一種の不思議な物質を分泌刺激膵液。彼らはそれを真膵分泌素。これは人類が初めて発見のペプチド物質合成インシュリン、この発見を切り開いたポリペプチドは内分泌学の中の機能性研究、その影響はきわめて深い、ノーベル賞委員会を彼らはノーベル生理学賞。

複分解

は、2種類の化合物を交換する成分、生成また2種類の化合物の反応を複分解反応。可简记をAB CD=AD CB。複分解反応の発生の条件:1反応物でなければならないのは酸可溶、生成物のうち少なくとも1種の物質はガスや瀋殿または水。2反応物のうち少なくとも一つは溶解性の。3中学段階反応物の中の2種類の塩は可溶性の、しかも反応所得の2種類の塩に少なくとも一つは溶けにくい。4反応物は一般に可溶、生成物のうち少なくとも一つは瀋殿やガス(はアンモニア塩とアルカリ才能生成反応気体)。

複分解〈ふくぶんかい、double decomposition〉とは2種類の化合物が成分を交換して新たに2種類の化合物に変化する化学反応である。反応形式的には<br />
m AB + CD longrightarrow AC + BDとなりメタセシス (metathesis) ともよばれることもある。

複分解例

具体的には

<br />
m KCl + AgNO_3 longrightarrow KNO_3 + AgCl downarrow

などが相当する。すなわち出発物質がそれぞれ単独では

<br />
m KCl<br />
ightleftarrows K^+ + Cl^-
<br />
m AgNO_3<br />
ightleftarrows Ag^+ + NO_3^-

という解離反応であるが AgCl は難溶性の為、両者が合わさると平衡反応は失われ複分解が進行する。

万能溶剤

いくつかの溶解性の良い化学溶剤と呼ばれ、「万能溶剤」。ジメチルスルフォキシド広範に溶剤と反応試薬、特にアクリロニトリル重合反応で加工溶剤と繰糸する溶剤、ポリウレタン合成や繰糸する溶剤、作ポリアミド、ポリイミド樹脂とポリスルホン合成溶剤や、炭化水素、ブタジエン抽出する溶剤と合割塩素フッ素アニリンの溶剤等。テトラヒドロフラン、低毒性、低沸点、流動性などの特徴は、1種の重要な原料と優良な有機合成溶剤、広氾の用途、テトラヒドロフラン多くの有機物の溶解性が良好で、それに溶け解除ポリエチレン、ポリプロピレンやフッ素樹脂以外のすべての有機化合物、特にポリ塩化ビニルに対し、ポリ塩化ビニリデンと叮アニリン良好の溶解作用があり、「万能溶剤」と呼ばれる。