ロールシャッハ・テスト

 ロールシャッハ・テスト オンラインテスト online  Test <—-!!!  

ロールシャッハ・テスト(英: Rorschach test, Rorschach inkblot test)は、投影法に分類される性格検査の代表的な方法のひとつである。被験者にインクのしみを見せて何を想像するかを述べてもらい、その言語表現を分析することによって被験者の思考過程やその障害を推定するものである。スイスの精神科医ヘルマン・ロールシャッハによって1921年に考案された。ロールシャッハ法、ロールシャッハ検査、ロールシャッハ検査法などとも呼ばれる。

テストには、紙の上にインクを落とし、それを2つ折りにして広げることにより作成されたほぼ左右対称の図版を持つカード(ロールシャッハ・カード)が用いられる。このような図版は原理的には簡単に作成できるものであるが、現在でもロールシャッハによって作成されたものが用いられている。カードは10枚1組で、無彩色のカードと有彩色のカードがそれぞれ5枚ずつ含まれる。各カードは約17cm x 24cmの大きさを持つ。

 

投影法一般について言えることではあるが、ロールシャッハ・テストは、被験者にとって、どのように反応するとどのように分析されるかが分かりにくいため、回答を意識的に操作する反応歪曲が起きにくく、無意識な心理の分析が可能であるとされる。また、回答結果の分析に高度な技術を要する点が短所とされるが、ロールシャッハ・テストは1920年代に開発されて以来、長年にわたって広く用いられており、テストへの反応と分析のデータベース化が進んでいるため、統計的な評価もある程度可能になっている。

ロールシャッハテストに対する批判

ロールシャッハテストは、MMPIやMINIなどと比べて妥当性・信頼性が低く、1回のテストに分析を含めて長い時間を要する効率の悪さから、その有用性に疑問が持たれている。たとえば、ウッド・ネゾースキ・リリエンフェルト・ガーブ (2006)[1]の日本語版の序文にも、「いずれにせよ,私たちは日本の心理学者が証拠を注意深く検討してくれることを願っている.私たちはみな科学的進歩の幅広い道を進むことをやめることはない.臨床心理学と精神医学が着実に発展している現在,85歳のロールシャッハテストが,心の専門家に新しい答や価値ある情報をもたらすことはないだろう.」とある。

このような状況にあっても、臨床心理士の資格認定には依然としてロールシャッハの学習が必須とされており、臨床心理士の養成校である1種・2種指定校でも、ロールシャッハ検査の授業がなくなることはない。それだけでなく、資格試験には毎年多くの問題が出題されている

ニトリル

ニトリル有機化合物、無色の液体、刺激臭。略水に溶けて、溶けてエタノール又はエーテル。は可燃性液体、毒性。は酪酸制アンモニウム石けん再脱水システム。に有機合成。

ニトリルの一般構造式

ニトリル (nitrile) は R−C≡N で表される構造を持つ有機化合物の総称である。カルボン酸やその誘導体と、炭素の酸化数において同等とされる。なお、手袋などの家庭用品によく使われるニトリルは、ニトリルゴム(ブタジエンアクリロニトリル共重合体)のことである。

電子ハイブリダイゼーション

電子混成は化学の理論の中の1つの重要な内容で、原子触れ合う結合時、いくつかの原子の電子互いに組み合わせが新たな軌道を有利に結合。同じ原子に近い、エネルギータイプの違う軌道でいくつかの原子結合した時に、お互いにどんどん加える再編となり、同じ数、同一エネルギーの新レール、この新しい軌道と混成軌道。

発光分光分析

歴史上、ニュートンは第一発見波長分散の科学者。1666年、ニュートンは発見して、もし1枚プリズム配置光源と一枚のスクリーンの間、カラーの映像が見。だから、彼は推定太陽光は違う屈折係数の光の屈折率の構成によって決めたこれらの光線の色。

臭化エチレン

臭化エチレン常温の常圧では無色有毒ガスや液体(15℃以下は液体)。燃えやすい、空気と混合爆発性混合物、遇火星や高熱が燃え上がり爆発の危険。マイクロ水に溶けて、溶けてアルコール、エーテル、アセトン、ベンゼンや塩素の中。

1,2-ジブロモエタン
1,2-Dibromoethane
識別情報
CAS登録番号 106-93-4
KEGG C11088
特性
化学式 C2H4Br2
モル質量 187.86
外観 無色液体
密度 2.2, 液体
相対蒸気密度 6.5
融点

10

沸点

131

出典
ICSC
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

1,2-ジブロモエタンは化学式C2H4Br2で表される有機化合物である。藻や昆布などにより少量が合成されるため海にごく微量が存在しているが、大半は人工的に合成されている。無色の液体で甘い臭いがする。

酸化学説

1774年、フランス化学家ラボアジェ(A.L.Lavoisier、1743-1794)実験中発見:密閉容器内錫や鉛経加熱後の表面の形成層の金属灰、加熱後の容器内の物体の総重量は変わっていないのだが、錫と鉛の重量の増加、空気が減った。彼はこの意識の現象の本質は金属と空気の中でいくつかの成分が発生した化合反応。その後、と繰り返した普里斯特利ラボアジェ知った実験、さらに発見と金属化合の空気成分は酸素。1777年、正式に提出したラボアジェ酸化説:燃焼の本質はと酸素化合物。

金属クロム

金属クロムは主にニッケル基、コバルトに基づく高温合金、アルミニウム合金、チタン合金、抵抗合金、耐食合金鉄に基づく耐熱合金やステンレスなどの生産。工業生産の金属クロムは2種類あって、1種はテルミット法クロム、塊、銀色の色、金属光沢が含まれ、Cr > 98、用途に不純物によって要求。もう一つは電解クロム、フレーク、表面暗褐色を経て、水素精錬後表面明るく、Cr > 99%を含む。

百治リン

百治リン、有機リン係農薬。化学の名称は3-ジメチル燐キシ-N、N-ジメチルメタクリルアミド、有機化合物、琥珀色の液体は、エステルの匂い。水と、多くの有機溶剤に溶かして。高毒類殺虫剤、人経口緻死量は推定5-50 mg / kg、皮膚への接触も中毒。

IUPAC命名法

IUPAC命名法は一種の係統と有機化合物の方法。その命名法では、国際純粋と応用化学連合会(IUPAC)の規定の、最近1回の改訂では、1993年。その前身は1892年ジュネーヴ国際化学会の「システム」と命名法。理想の場合は、1種のはっきりとした構造式の有機化合物でも一つの名称に描いてそれを確定する。それは実際には厳格なシステム命名法では、それを同時に受けいくつかの物質と発色団の慣用普通命名。中国語のシステム命名法は中国化学会英語IUPAC命名法の基礎の上で、再結合漢字の特徴が制定した。1960年に制定され、1980年に行われた1979年の英語版を改定。

IUPAC命名法(アイユーパックめいめいほう)は、IUPACが定める、化合物の体系名の命名法の全体を指す言葉。IUPAC命名法は、化学界における国際的な標準としての地位を確立している。

有機・無機化合物の命名法についての勧告は2冊の出版物としてまとめられ、英語ではそれぞれ「ブルー・ブック」「レッド・ブック」の愛称を持つ。

広義には、その他各種の定義集の一部として含まれる化合物の命名法を含む。IUPAPとの共同編集で、記号および物理量を扱った「グリーン・ブック」、その他化学における多数の専門用語を扱った「ゴールド・ブック」のほか、生化学(ホワイト・ブック;IUBMBとの共同編集)、分析化学(オレンジ・ブック)、高分子化学(パープル・ブック)、臨床化学(シルバー・ブック)があり、各分野の用語法の拠り所となっている。

これらの「カラー・ブック」について、IUPACはPure and Applied Chemistry誌上で、特定の状況に対応するための補足勧告を継続的に発表している。