隣のフェニルフェノール性質

隣のフェニルフェノール、別名の2 -ヒドロキシビフェニル、略称OPP、白または淺黄色や淡紅の粉末、シートやブロックは、かすかなフェノール味。融点55 . 5~57.5℃で、沸点283~286℃(0.1MPa)、相対密度1.213(20℃)、引火点123.9℃。マイクロ、水に溶けに溶けやすくメタノール、アセトン、ベンゼン、キシレン、トリクロロエチレンやジクロロベンゼンなどの有機溶剤。隣のフェニルフェノールソーダの略称SOPP、白いシートや塊状物や淡紅粉末、極は水に溶けやすい。隣のフェニルフェノールは非常に幅広い用途の有機化学製品、広範に応用して殺菌防腐剤、染色助剤と表面活性剤、合成新型プラスチック、樹脂と高分子材料の安定剤と難燃剤などの分野。

血散芋

血散芋、華南地区常用の薬草。は抽出頭蓋通かも(Rotundine)の原料、商品を防己科の植物の血散芋の塊根。宿根草質叶藤本。全株無毛。塊根近長円紡錘形や不規則塊状、常露は地面、直径10~15 cm。外皮褐色、粗くて、たくさんのいぼ状小乳突骨。莖は常に携帯赤紫、葉と枝が折れて赤い液汁流出。互生葉、紙質;葉柄や葉の長さが等しくなるか少し長いは葉柄近基部で盾形ている生;三角状葉マダム卵形、長い、幅はすべて6~12 cm、先端が尖って小さい突、基部平截またはほぼ円形たり、マイクロハート、全縁や時々具数不規則粗歯。

施タル

G.E.Georg Ernst Stahl(660~1734)ドイツ化学家と名医。1660年10月21日アンスバッハ生まれ、1734年5月14日になくなるベルリン。彼はかつて錬金術の崇拝者が、後に変更医学。

金属腐食制御技術

金属材料の腐食によるデータを選択すると、特定の環境腐食率が低く、安い価格、性能の良い材料は、常用の、簡単な制御腐食の方法を獲得する経済設備、合理的な使用寿命。金属腐食で起きる可能性の媒体に少量の腐食抑制剤が大幅に金属の腐食を軽減する過程。

ホスゲン

ホスゲン、一種の無色猛毒のガス分子式COCl < sub > 2 < / sub>、別名の酸素塩化炭素、ホスゲン、クロロ甲酰氯など。は無色またはやや黄色ガス(工業品は通常は液化の淡黄色の液体が濃縮に強い刺激臭や窒息性匂い。マイクロ水に溶けて加水分解し、溶けて炭化水素、四塩化炭素、クロロホルムなどの有機溶剤。ホスゲンは1種の重要な有機中間体、農薬、今日の医薬;エンジニアリングプラスチック;ポリウレタン材料や軍事的にもたくさんの用途。また、「ホスゲン」という言葉も光景、輝き、光などの意味。

ホスゲン[1]
識別情報
CAS登録番号 75-44-5 チェック
EINECS 200-870-3
国連番号 1076
RTECS番号 SY5600000
特性
化学式 CCl2O
モル質量 98.92 g mol-1
外観 無色気体
密度 4.248 g/dm3 (15 ℃)
1.432 g/cm3 (0 ℃)
融点

−118 °C, 155 K, -180 °F

沸点

8.2 °C, 281 K, 47 °F

水への溶解度 hydrolysis
構造
分子の形 Planar, trigonal
双極子モーメント 1.17 D
危険性
MSDS ICSC 0007
EU分類 猛毒 (T+)
EU Index 006-002-00-8
Rフレーズ R26, R34
Sフレーズ (S1/2), S9, S26, S36/37/39, S45
引火点 不燃性
関連する物質
関連物質 チオホスゲン
ホルムアルデヒド
炭酸
尿素
一酸化炭素
クロロギ酸
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

ホスゲン (Phosgene) とは、炭素と酸素と塩素の化合物。二塩化カルボニルなどとも呼ばれる。分子式は COCl2 で、ホルムアルデヒドの水素原子を塩素原子で置き換えた構造を持つ。毒性の高い気体である。

アロエエモジン

アロエエモジンを大黄の抗菌有効成分は、1種のオレンジ針状結晶(トルエン)や土黄色結晶粉末の化学品、アロエから抽出し、抗腫瘍活性、抗菌活性や免疫抑制作用、潟下作用があり、現広範に薬品、化粧品原料化。

アミノ酸代謝

蛋白質加水分解生成のアミノ酸は、体内の代謝を含む2つ:一方で主要用合成機体自身特有の蛋白質、ペプチドおよびその他の窒素物質;一方で脱アンモニア作用、回転アンモニア作用、共同脱アンモニアや脱炭酸分解作用、α-酮酸、アミンの種類や二酸化炭素。アミノ酸分解生成のα-酮酸が変わり、砂糖、脂質や再合成をいくつかの非必須アミノ酸、酸化になってTCAサイクル二酸化炭素と水を放出し、エネルギー。

クエン酸回路(TCA回路)。アミノ酸は分解されるとクエン酸回路上の各物質またはその前駆体になる。

アミノ酸の代謝分解(アミノさんのたいしゃぶんかい)では、タンパク質を構成する個々のアミノ酸が分解され、クエン酸回路のおのおのの物質に転換されるまでを記述する。

アミノ酸は最終的に二酸化炭素と水に分解されるか、糖新生に使用される。動物の代謝では、アミノ酸からのエネルギー供給は全体の10~15%である。

エキシマ

エキシマからは安定の分子、エキシマレーザーは一種のパルスレーザーで共振腔内封入違う希ガスとハロゲンガスの混合物で異なる波長のレーザー発生。エキシマレーザー手術そのフルネームは「エキシマレーザー屈折性角膜手術」。

エキシマとは電子励起状態の原子分子が、他の原子分子と形成する分子である。Excited dimer(励起二量体)を略してExcimerと呼んだことに由来する。とりわけ基底状態では結合しない二つの原子によって形成されるエキシマがよく取り上げられる。エキシマの寿命はきわめて短く、一般的にはナノ秒のオーダーである。

ビタミンc

ビタミンC(ビタミンC、AscorbicましとL -アスコルビン酸は、1種の水溶性ビタミン。食品の中のビタミンCに人体に吸収小腸上段。一度吸収、分布体内へのすべての水溶性構造は、正常な成人の体内のビタミンCと代謝活性池の中に約1500mgビタミンC、最高貯蔵ピークを3000mgビタミンC。正常な情況の下で、ビタミンCのほとんどが体内で分解して蓚酸経代謝や硫酸結合生成アスコルビン酸- 2 -硫酸は尿排出;別の一部から直接尿を体外に排出。

気相蒸着法

化学気相蒸着(CVD)は半導体産業応用最も広範な使用堆積多種の材料の技術を含む大範囲の絶縁材料、大多数の金属材料や金属の合金材料。理論の上で、それはとても簡単な:2種類あるいは2種類以上の気体の原材料の導入の反応室内、そして彼らの間で化学反応を起こして、1種の新しい材料を形成して、表面の上からチップ堆積。蒸着窒化シリコン膜(Si3N4)は良い例、それはシランと窒素の反応の形成。