水素化分解

水素化分解は、1種の石油化学工業の中の技術、すなわち石油精製の過程の中で高い圧力の温度で、水素経触媒作用を重質油が水素、分解と異性化反応に転じ、軽質油(ガソリンや燈油、ディーゼルや接触分解、分解制オレフィンの原料)の加工過程。それと接触分解との接触分解反応を行う場合は、同時に伴う炭化水素水素化反応。水素化分解実質上は水素と接触分解過程の有機結合重質油を通じて、接触分解反応生成ガソリンや燈油や軽油など軽質油、また防止生成大量のコークス、原料を中の硫黄、窒素、酸素などの不純物脱除をオレフィン飽和。水素化分解、軽質油視聴率が高く、製品品質の良い特徴。

水溶液

水は生命の進化中で重要な役割を果たす。人間は昔から、水産生認識、東西の古代の素樸な物質観にも水を視を1種の基本的な構成要素、水は中国古代の五行の一つで、西洋の古代の四元素でも水。水に溶解使用できるさまざまな物質で、とても良い無機溶剤、水作溶剤の溶液、すなわちと呼ばれる水溶液。「aq」記号として、例えば「HCl(aq)」。

水溶液(すいようえき、aqueous solution)とは、物質が水(H2O)に溶解した液体のこと。すなわち、溶媒が水である溶液。水分子は極性分子なので、水溶液の溶質となる物質はイオン結晶もしくは極性分子性物質となる。

輝安鉱

輝安鉱はアンチモンの硫化物(Sb2S3)鉱物。含アンチモン71.69%、アンチモンの最も重要な鉱石鉱物。所属直交(斜方)晶係。結晶見かけは先端の長い柱状柱仮面縦ストライプ。板面劈開完全;劈開面現平行ストライプ。集合体が塊状、粒状や放射状。鉛色金属光沢、モース硬度2、比重4 . 6。性サクサク可溶。主産で、低温熱水鉱床、お常としんしゃ、鶏冠石、石黄共生。中国は世界で最も主要な産アンチモン国。湖南省、貴州省、広西、広東省、雲南省でも輝アンチモン鉱床分布。湖南新華錫鉱山の大輝アンチモン鉱床世に名を知られる。

輝安鉱
Stibnite.jpg

カーネギー自然史博物館に展示される輝安鉱
分類 硫化鉱物
化学式 Sb2S3
結晶系 斜方晶系
モース硬度 2
光沢 金属光沢
鉛灰色
条痕 鉛灰色
比重 4.6
プロジェクト:鉱物/Portal:地球科学
テンプレートを表示

輝安鉱(きあんこう、stibnite[1]、スティブナイト)は、アンチモナイト(antimonite)とも呼ばれる鉱物(硫化鉱物)。組成式 Sb2S3 で表される。斜方晶系に属し、モース硬度は2である。希少な金属であるアンチモンの最も重要な鉱石鉱物である。

変圧吸着

変圧吸着(Pressure Swing Adsorption。略称PSA)は、1種の新型ガス吸着分離技術、それ以下の利点:(1)製品の純度の高い。⑵は室温や一般の高くない圧力の下で働くのは、ベッドの層の再生にも加熱、省エネ経済。⑶設備は簡単で、簡単操作、メンテナンス。循環が連続操作、完全に自動化。だから、そのような新技術の登場後、各国の産業界の注目を受けて、争って開発と研究は、急速に発展し、ますます成熟して。

金属ガラス

金属ガラスと非晶質合金、それは金属やガラスの長所を克服し、またそれぞれの弊害。ガラスのように割れない展延性.金属ガラスの強さは、鋼、硬さを越える高い硬工具鋼、かつ一定の柔軟性と剛性ので、人々は「褒める金属ガラス割れないことをたたいて、ぼろぼろにならない」の「ガラスの王”。

金属ガラス (きんぞく-、英: metallic glass)、リキッドメタルは、金属元素を主成分とする非結晶性の合金で、ガラス転移が明確に観察されるアモルファス金属である。まだ、研究が始まったばかりで、結晶質の金属材料に比べると十億分の一程度にしか実用化されていない。

金属ガラスではないアモルファス金属は加熱時にガラス転移に至る前に結晶化が進行するので、流体の原料からアモルファス金属を製造する場合に急速な冷却が必要となる。金属ガラスはそういったアモルファス金属とは異なり、過冷却液体の状態で安定し、結晶化が始まる前に固体化が完了するために鋳型で鋳造できるので工業用途での利便性が高い[1]との見方もあるが、同じ共晶系の結晶性の合金にも見られるため、結晶性の違いで一概に片付け難い。

金属ガラス=アモルファス金属という誤解がある[要出典]が、金属ガラスはアモルファス金属の特殊な一部である。

小麦粉爆発

小麦粉の爆発とは、小麦粉粒遇火の爆発を起こす現象。生産過程の中で、大量の小麦粉の極細の粉塵、これらの粉塵浮遊は空中に達するとの高い濃度の時、例えば毎立方メートル空気中に含まれる9.7g小麦粉に会ったが最後、火が、火星やアークまたは適切な温度、瞬間が燃え上がり、形成は猛烈な爆発威力に劣らない爆弾。粉塵が「火薬」は、大きな表面積を持つので粉塵。塊状物質と比べ、粉塵化学活動性は強くて、空気に触れる面積は大きくて、吸着酸素分子が多く、酸化放熱過程が速い。条件が適切な場合、その中にある一粒粉塵火され、原爆が起こりそう連鎖、爆発が起きた。

凹凸棒土

「坂の石(Palygorskite)や坂の縞石、1種の具チェーン層状構造の含水珪酸塩富マグネシウム粘土鉱物。その構造属2:1型粘土鉱物。各2:1単位構造層で、四面体チップ角頂一定距離方向を逆さまに、链状形成層。四面体条でバンド間形成とチェーン平行なチャネル、チャネル横断約3 . 7 * 6.3A°。通路で充填ゼオライト水と結晶水が見えて、凹凸棒石粘土結晶構造図。

ポリブテン

ポリブテン(Polybutene、PB)は1種の高分子不活性ポリマーは主に、ブテン重合し。ポリプロピレンとやポリエチレンのよく使うプラスチック材。ポリブテン主に水道管、温水管と暖房管など管の管壁材。

アッベ屈折計

測、透明半透明の液体あるいは固体屈折率NDと平均分散NF-NCの計器。計器次サーモスタット測定できるが、温度は0℃~70℃での屈折率NDを測り出すことができる糖糖濃度のパーセントを含む溶液。この種の器具は石油工業、油脂工業、製薬工業、造塗料工業、食品工業、日用化学工業、製糖工業と地質探査などの関連工場、教育と研究機関に不可欠な常用機器の一つ。

興奮性

ストレス性とは、すべての生物に外界の刺激(例えば光、温度、声、食べ物、化学物質、機械運動、重力など)が起こる反応。ストレス性は一種の動態的な反応は、短い時間内に完瞭する。ストレス性の結果は生物環境に適応され、それは生物の適応性の表現形式。