マーガリン

植物油でプラス部分動物油と水の調味料経調達加工した可塑性の油脂品その代わりに牛乳から取得した天然クリーム

マーガリン(regular, 80% fat, composite, stick, with salt)
マーガリン
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 2,999 kJ (717 kcal)
炭水化物 0.7 g
- 糖分 0 g
- 食物繊維 0 g
脂肪 80.71 g
- 飽和脂肪酸 15.189 g
- 一価不飽和脂肪酸 38.877 g
  – トランス脂肪酸 14.89 g
- 多価不飽和脂肪酸 24.302 g
  – ω-3脂肪酸 1.963 g
  – ω-6脂肪酸 0.088 g
タンパク質 0.16 g
水分 16.52 g
ビタミンA相当量 819 μg (91%)
- βカロテン 610 μg (6%)
- ルテインおよびゼアキサンチン 0 μg
ビタミンB1 0.01 mg (1%)
ビタミンB2 0.037 mg (2%)
ビタミンB3 0.023 mg (0%)
パントテン酸(ビタミンB5 0 mg (0%)
ビタミンB6 0.009 mg (1%)
葉酸(ビタミンB9 1 μg (0%)
コリン 12.4 mg (3%)
ビタミンB12 0.1 μg (4%)
ビタミンC 0.2 mg (0%)
ビタミンD 0 IU (0%)
ビタミンE 9 mg (60%)
ビタミンK 93 μg (89%)
カルシウム 3 mg (0%)
鉄分 0.06 mg (0%)
マグネシウム 3 mg (1%)
セレン 0 μg (0%)
リン 5 mg (1%)
カリウム 18 mg (0%)
塩分 751 mg (33%)
亜鉛 0 mg (0%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
(100g中)の主な脂肪酸の種類[1]
項目 分量(g)
脂肪 80.71
飽和脂肪酸 15.189
14:0(ミリスチン酸) 0.046
16:0(パルミチン酸) 8.431
18:0(ステアリン酸) 6.173
20:0(アラキジン酸) 0.261
22:0(ベヘン酸) 0.109
24:0(リグノセリン酸) 0.085
一価不飽和脂肪酸 38.877
16:1(パルミトレイン酸) 0.045
18:1(オレイン酸[2] 38.675
20:1 0.133
多価不飽和脂肪酸 24.302
18:2(リノール酸) 22.252
18:3(α-リノレン酸) 2.04

マーガリン (margarine) は元々バターが高価であることからバターの代替としてつくられた食品。以前は人造バターと呼ばれていた。味や風味などはバターよりも劣るが安価である。バターが添加され、風味などが改善された製品もある。バターやオリーブオイルのようにパンに塗って食べるために広く用いられる。また、バターに比べ安価であることから、バターの代用品としてパンやケーキ、クッキー、アイスクリーム、チョコレートなど多くの食品の原材料に使われる。

膝関節炎

膝関節炎は膝関節のよくある病気は骨の関節炎の主な特徴は軟骨退行性病変や関節エッジ骨の形成に無駄な

肩関節脱臼

肩関節脱臼若い選手の人の群れの中で最もよく患者の第1回の発生肩関節脱臼時もっと若いほど活躍が発展する可能性を肩関節脱臼と呼ぶ習慣性や再発性肩関節脱臼やより正確な呼称創傷性肩関節不安定例えば10代のうちに第一回が肩関節脱臼の患者の90以上の機会を発展して再発性肩関節が不安定で40歳以上の時が初めて肩脱臼の患者の発展を慢性肩関節不穏な可能性を以下の10

がに股

普通の別名0型医学に足と呼ばれるがに股2下肢の自然を伸ばしてあるいは立つ時の二足内踝がぶつかって両膝を近づけないでを主な症状の奇形疾患

カルニチン

カルニチン(L-carnitine)L -カルニチンやと音訳カーニー丁は、一種の脂肪をエネルギーに転化するアミノ酸の類、肉は赤いカルニチンの主な原因は、人体の無毒の副作用。異なっているタイプの日常の飲食は含まれ5-100ミリグラムカルニチンだが、一般の人には毎日ただから食事の中で50 mg摂取吸収が少なく、菜食主義者。カルニチンの主な生理機能は脂肪をエネルギーに変わり、カルニチンを飲むことで、体脂肪を減らす、低体重の減少とともに、水分や筋肉、2003年に国際肥満の健康な組織の認定を最も安全と副作用のダイエットの栄養補給品。

カルニチン
IUPAC命名法による物質名
3-ヒドロキシ-4-トリメチルアンモニオブタン酸
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制  ?
投与方法 経口、IV
薬物動態的データ
血漿タンパク結合 無し
代謝 僅か
排泄 尿(> 95%)
識別
CAS登録番号 541-15-1
ATCコード A16AA01
PubChem CID 10917
DrugBank APRD01070
ChemSpider 282
KEGG C00318
化学的データ
化学式 C7H15NO3 
分子量 161.199 g/mol

カルニチン(carnitine)とは、生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体である。

立体異性体のうち脂質代謝に利用されるのは L-カルニチンのみであり、エナンチオマーのD-カルニチンは活性がないとされている。日本においては、食品分野で利用されるL-カルニチン、希少疾病用医薬品であるレボカルニチン、胃薬として使用されるDL-カルニチンがある。以下は特に断らない限りL体について記述する。分子式は C7H15NO3、分子量 161.20、CAS登録番号(L体)541-15-1。

ベンゼン酢酸

無色フレーク状結晶。お湯に溶けやすく、25℃の時に水を0.131mol / L飽和溶液。25℃溶解度をクロロホルム4.422mol / L、四塩化炭素1.842mol / L、トリクロロエチレン3.299mol / L、四塩化ビニル1.558mol / L、ペンタクロロエタン3.252mol / L。溶けてエタノール、エチルエーテル、マイクロ水に溶け。相対密度1.091。融点76.5℃。沸点265.5℃。低、半数緻死量(ラットを経て、口)1680mg / kg。刺激性の。に有機合成。製造香料。植物の成長を刺激ホルモン。

プロパノール

プロパノール(n-propanol)、「1 -プロパノール(1-propyl alcohol)、プロパノール。分子式はCH3CH2CH2OH(C3H7OH)、分子量60.10。まるでエタノールにおいの無色透明の液体、水に溶け、エタノール、エーテル。はエチレン経カルボニル合成て丙醛、経還元し。主に用いて燃料油の殺菌剤、農薬や医薬の原料、香料原料など。

プロパノール (propanol) は、プロパンの水素が 1個、ヒドロキシ基 (-OH) に置き換わった構造を持つアルコールである。分子式 C3H8O。3個の炭素のうち、ヒドロキシ基が置換している場所によって 1-プロパノール2-プロパノールの 2種類の構造異性体が存在する。同じ分子式を持つ化合物としてエチルメチルエーテルがある。

  • 1-プロパノール
  • 2-プロパノール

高温セラミック構造

高温セラミック(盛り上がるtemperature構造structural ceramics)にある装置、あるいは設備、または構造物の中に、高温の条件の下で耐える静態あるいは動態の機械の陶磁器負荷。高融点、高い高温強度と小規模な高温クリープ性能や、属性の耐熱性、耐腐食地震、抗酸化と結構の安定性など。高温セラミックを含む構造高温酸化物や高温非酸化物(もしくは難しい溶接化合物)の2種類。高温構造材料の出現は、補った金属材料の耐高温は酸化やすく、腐食の弱点。

シラン

シランは無色透明、空気と反応して窒息のガスを引き起こす。このガスは空気と接触を燃焼し放出が濃いの白い無定型シリカ煙霧。それは健康に危害の主は発火の炎を引き起こすことができて深刻な熱火傷、ひどい場合には甚だしきに至っては緻命的。もし炎や高温作用シランボンベの一部をボンベ安全弁起動前に爆発。もしブリーダーシラン時圧力容器や速度を引き起こす遅れ性の爆発。漏れのない自然発火が非常に危険シランなど、近寄らないように。処理に緊急者しなければならない個人防護装置と適応当時の防火保護。エア源が切れる前に消火しようとしない。

シラン

  • シラン (化合物) – 化学物質。
  • シラン (植物) – ラン科の1種。
  • 人物
    • シグラムヌス (Sigiramnus)、シラン (Siran) – フランスの聖人 (–655)。
    • ディエゴ・シラン (Diego Silang) – フィリピンの革命家 (1730–1763)。
    • ガブリエラ・シラン (Gabriela Silang) – ディエゴの妻 (1731–1763)。
  • 地理
    • シラン (トルコ) (Şiran) – トルコ ギュミュシュハーネ県。
    • シラン (フィリピン) (Silang) – フィリピン カヴィテ州。
    • シラン (エロー県) (Siran) – フランス エロー県ベジエ郡
    • シラン (カンタル県) (Siran) – フランス カンタル県オリラ郡

藜芦アルカリ

藜芦アルカリ主な化学成分は瑟瓦定と藜芦定。フラット針状結晶。藜芦アルカロイド存在はユリ科藜芦属やくしゃみ草属植物に、殺虫剤の植物原料として主にくしゃみ草の種と白藜芦の根莖。植物原料を経てエタノール抽出制。植物源殺虫剤、昆虫はタッチアウトと胃が毒作用。使える防止家蝿、ゴキブリ、ダニなどの衛生害虫防除にも使える菜青虫、アブラムシ、ヨコバイやあざみうまようと亀虫などの農業害虫。

Page 4 of 8012345678910...203040...Last »