接触改質

接触改質:ある触媒作用の条件の下で、ガソリン留分中の炭化水素分子構造の再配列新たな分子構造の過程と接触改質。石油精製過程の一つで、加熱、水素圧や触媒存在の条件の下で、原油蒸留所得の軽ガソリン留分(またはナフサ転換を含む)成富炭化水素のハイオクタン価ガソリン(立て直しガソリン)し、副産液化石油ガスと水素の過程。改質ガソリンは直接にはガソリンの調合組分も経炭化水素を吸って精製するベンゼン、トルエン、キシレン。副産の水素は石油製油所水素装置(例えば水素精製、水素分解)で水素の重要な源。

接触改質(せっしょくかいしつ、catalytic reforming)とは、石油精製において原油を蒸留することで得られたガソリン留分のオクタン価を触媒反応によって高めるプロセスのこと。リホーミングリフォーミング(Reforming)とも呼ばれている。

马钱子碱

马钱子碱(` Strychnine)で、1種の猛毒の白い結晶アルカリからマチン属や関係植物に毒殺げっ歯類や他の害虫。主な医学上の中枢の神経係の覚せい剤を使用して。

洪特ルール

同一エネルギーの軌道上、スピン平行の電子数最大時、原子エネルギーの最低。だから同一エネルギーの軌道に、電子はなるべく量子スピンを平行に違う軌道。例えば炭素原子核外電子エネルギーが6つのによって、最低の原理とパウリの排他原理は、まず2つの電子配置するまで一階の1 s軌道で、また2つの電子記入第二層の2 s軌道で、殘りの2つの電子配置2 p軌道上には、同じスピン側にではなく、2つの電子のp軌道に集中し、スピン方向の相反。

罗门哈斯

アメリカ罗门哈斯会社を設立し、1909年、本社はペンシルバニア州のフィラデルフィア。集研究、生産、経営精密化学製品は一体のアメリカ罗门哈斯会社は、アメリカ最大の精密化学会社も、世界最大のアクリルシリーズ製品のサプライヤーの一つで、全世界で25カ国100社以上の生産工場及び研究機関、その製品の販売に100以上の国。

オルガノシリコン樹脂

シリコン樹脂は高架橋のメッシュ構造のポリ有機シロキサンは、通常はメチルトリクロロシラン、ジメチルジクロロシラン、フェニルトリクロロシラン、フェニルニクロロシランやメチルフェニルニクロロシランの各種の混合物、有機溶剤のようなトルエン存在下、低い温度で加水分解を得て、酸性加水分解物。加水分解の初期成品は環状、ラインの架橋とポリマ-の混合物を含んで、通常はかなりの水酸基。加水分解物除去経水洗い酸、中性の初重縮合体は空気の中で熱酸化や触媒存在の一層の重縮合、最後の立体構造形成高架橋ネットワーク。簡介

分解

分解(ぶんかい)は、塊になっているものをその諸要素に分け直すこと。

  • 化学分解 – 化学
  • 物質#物理変化と化学変化の例 – 物理
  • 因数分解・素因数分解 – 数学

いもち病

いもち病は水稲病害の一つの重要な、大幅に減産を引き起こすことができて、深刻な時40~50%減、甚だしきに至ってはまったく収穫がない。世界各稻区均一発生。この病気は、各地で発生して、その中は葉部、節部が多く、発生後に程度削減、特に穂首疫病や疫病発生の早いで重いことを引き起こすことができ白穗绝产。近年、広東いもち病年に起きた面積は少なくとも50万ムー、そして年々増加傾向が現れて、局部の大爆発は珍しくないが、現在、いもち病発生する可能性がある省域内のいかなる時代、いかなる季節。

いもち病(稲熱病)とは、イネに発生する主要な病気の1つ。単に「いもち」と呼ばれることも多い。欧米では、「イネの爆発(Blast of rice)」、「イネの疫病(Rice blight)」などと呼ばれる。

そもそも、「いもち」という名前が付けられていることから推察できるように、古来から稲に発生する定型的な病気であり、最も恐れられてきた。いもちが広範囲に発生した圃場では十分な登熟が期待出来なくなり、大幅な減収と共に食味の低下を招く[1]。文書に初めて登場するのは1637年の明における記録である。その後、日本(1704年)、イタリア(1828年)でも記録された。

いもち病は、イネがイネいもち病菌(学名:Magnaporthe grisea またはM. oryzae、シノニム:Pyricularia oryzaeなど)に感染し発病することで起きる。イネいもち病菌はカビの一種であり、子のう菌に分類される。イネいもち病菌のアナモルフPyricularia griseaである。感染のメカニズムは、まず無性世代の分生子が葉に接触すると刺激で粘着質が分泌されて葉に付着する。分生子が湿度で発芽することによって付着器となり、内部で生成されるグリセロールの圧力(80気圧にも達する)により菌糸がクチクラ層を突き破って植物体に侵入する。それとほぼ同時に細胞内部にメラニンが生成されて細胞壁の強度を高める(メラニンが生成されないと感染はできないことが立証されている)[2]

イネいもち病菌のゲノム解読は2005年に達成され、その結果、いもち病菌の染色体数は7であり、DNAは酵母の3倍、ヒトの80分の1であることが判明した[3]

イネの品種によっても、いもち病に対する抵抗性には違いが見られ、コシヒカリやササニシキはかなり弱く、あきたこまちは並、日本晴はやや弱い程度である。

ユビキチン

ユビキチン(ubiquitin)は一種の存在は多くの真核細胞の中の小さい蛋白。その主要な機能はマークが落ちタンパク質分解させ、加水分解されて。ときにつきユビキチンの蛋白質に移動桶状のプロティナーゼの時、プロティナーゼがこの蛋白質加水分解。ユビキチンもマーク跨膜タンパク、例えば受容体、その細胞膜上から除去。ユビキチン76アミノ酸から構成して、分子量約8500ドルトン。それは真核生物には高度保留性、人間や酵母のユビキチン96%の類似性がある。いられるプロテアソーム分解の蛋白質の会先接続ユビキチン目印に、すなわちタンパク質のリジンとユビキチンの間に共有接続。このプロセスは三酵素カスケード反応、つまり必要は三つの酵素

ユビキチンの構造のリボン図

上図の分子表面表示

ユビキチン (ubiquitin) は76個のアミノ酸からなるタンパク質で、他のタンパク質の修飾に用いられ、タンパク質分解、DNA修復、翻訳調節、シグナル伝達などさまざまな生命現象に関わる。至る所にある (ubiquitous) ことからこの名前が付いた。進化的な保存性が高く、すべての真核生物でほとんど同じアミノ酸配列をもっているが、真正細菌には存在しない。古細菌の一部カルディアルカエウム・スプテッラーネウム(Ca. Caldiarchaeum subterraneum’)からもユビキチンが発見されている。

硫黄丹

硫黄丹、有機化合物、つまり1、2、3、4、7、7 -ヘキサクロロダブル2.2.1庚- 2 -セン- 5、6 -双メチロール亜硫酸エステル。茶色の結晶。硫黄丹有毒、目や上気道が過性刺激。中枢神経係へを損なう。農業用殺虫剤が主に使われるが、は非常に紛争の農薬。そのドラマの毒性、生物蓄積性と内分泌攪乱物質に作用し、もう50カ国以上の使用が禁止され、EU、いくつかを含むアジアや西アフリカの国。まだ広範に応用してたくさんのほかの国では、インド、ブラジルとオーストラリア。から硫黄丹環境への脅威は、硫黄丹として考えストックホルム禁止を公約には全世界での使用や製造。

光触媒

光触媒PHOTOCATALYSISは光Photo=ライト触媒(触媒)catalystの合成語。光触媒は一種の光に照らされ、自身の変化を促進することができないのに、化学反応の物質は、自然界の光光触媒を利用して存在する転換に化学反応に必要なエネルギーを発生させ、週囲の触媒作用、酸素や水の分子を割が酸素化力の自由なマイナスイオン。ほとんどすべての人体に対して分解と環境有害な有機物質と部分の無機物質だけではなく、加速反応も、運用自然界の侓与えないかも、資源の浪費と付加汚染形成。最も代表的な例を植物の光合成」、二酸化炭素を吸収し、光や水に転化して酸素。

光触媒(ひかりしょくばい、英: photocatalyst)は、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称である。また、光触媒作用は光化学反応の一種と定義される。

通常の触媒プロセスでは困難な化学反応を常温で引き起こしたり、また化学物質の自由エネルギーを増加させる反応を起こす場合がある。天然の光触媒反応として光合成が挙げられるが、人工の化学物質を指すことが多い。英語で光触媒の作用は photocatalysis と呼ばれる。