パラアミノ安息香酸

パラアミノ安息香酸は機体の細胞の成長と分裂に必要な物質葉酸の構成部分でもあり、酵母、肝臓、ふすま、麦芽中の含有量は非常に高い。それは莽蓚酸ルート分岐酸合成の経。その第一歩反応は分岐酸とアンモニア反応生成4 -アミノ- 4 -リポ酸枝、アミノ酸合成酵素触媒をもつ分枝。そして4 -アミノ- 4 -リポ酸の枝をアセトン酸、芳香族化にアミノ安息香酸。細菌に第二歩はアミノ酸脱反応枝分解酵素触媒の、植物の可能性も存在に似た酵素が、未だ発見。

4-アミノ安息香酸
構造式
識別情報
CAS登録番号 150-13-0
KEGG D02456
特性
化学式 C7H7NO2
モル質量 137.138
外観 白色結晶
融点

187-189

出典
日化辞Web
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

4-アミノ安息香酸(4-アミノあんそくこうさん、4-aminobenzoic acid)は芳香族カルボン酸かつアミンの一種である有機化合物である。パラアミノ安息香酸PABAとも呼ばれる。葉酸の前駆体として生体内で合成されるほか、日焼け止めとしても用いられる。

PABAはある種の真正細菌に必須の栄養素であり、ビタミンBxと呼ばれたこともあった[1]。しかしヒトにとっては必須栄養素ではないことが明らかとなっており、現在ではビタミンに分類されない。

PABAは真菌の酵素(ジヒドロプテロイン酸シンターゼ)によって葉酸へと変換されるが、ヒトはこの酵素を欠いている。サルファ薬はPABAに構造が類似しており、この酵素を阻害するため真菌選択的に抗菌作用を示す。

かつてPABAは紫外線をカットする日焼け止めとして広く用いられていた。しかし皮膚細胞のDNAに損傷を与え、皮膚ガンを誘発することが明らかとなっている[2]。現在の日焼け止めには、安全でより有効な誘導体であるオクチルジメチルPADA (パディメート O (en))などが用いられている。

PABAのカリウム塩が、一部の海外では皮膚線維障害の治療薬として用いられている。また、過敏性腸症候群の治療薬として用いられる場合もある。

エチルエステル体である4-アミノ安息香酸エチルは、局所麻酔薬として用いられている(日本薬局方アミノ安息香酸エチル)。

牛のインシュリンの結晶

結晶牛のインシュリン(crystallized bovine insulin)は牛のインシュリンの結晶。牛は牛インスリン膵臓に膵島β-細胞に分泌の一種の調節糖代謝蛋白ホルモン。その一次構造1955年からイギリスサンガー(S.Sanger)まず確定牛インスリンのアミノ酸の構成と並び順。

骨セメント

PVP、通称「骨セメント」。化学の名称はポリビニルピロリドンは性能が優れている、幅広い用途の水溶性高分子化合物、所属ハイテクで、高付加価値ファインケミカル製品は、国際の提唱の重要な化学工業中間体と医薬中間体。ポビドン医薬に広く応用、国際の提唱の三大薬用新アクセサリの一つ。応用最も広いのは錠剤、顆粒剤の接着剤。PVPまだ使えるカプセルの助流剤、目薬に毒物及び潤滑剤、注射剤のフラックス、液体製剤の分散剤、酵素と感熱薬の安定剤。ポビドンヨードもと合成PVP-I殺菌剤。コンタクトレンズの中、PVP接触の成分として目を増加することができて、その親水性。

フッ素鈴尿素

所属安息香アシル尿素殺虫剤は、キチン合成抑制剤、非常に高い殺虫と卵を殺す活性、しかも即効、特に防除オオタバコガ。に綿、ジャガイモや果樹防除多種の鞘翅目、双翅目、同翅類昆虫。

高システイン

高システインと同型システインや同システイン、アミノ酸のシステインの異種、そばの鎖部分チオール基(- SHを含む)前に余分なメチレン(- CH2 -)。

接触改質

接触改質:ある触媒作用の条件の下で、ガソリン留分中の炭化水素分子構造の再配列新たな分子構造の過程と接触改質。石油精製過程の一つで、加熱、水素圧や触媒存在の条件の下で、原油蒸留所得の軽ガソリン留分(またはナフサ転換を含む)成富炭化水素のハイオクタン価ガソリン(立て直しガソリン)し、副産液化石油ガスと水素の過程。改質ガソリンは直接にはガソリンの調合組分も経炭化水素を吸って精製するベンゼン、トルエン、キシレン。副産の水素は石油製油所水素装置(例えば水素精製、水素分解)で水素の重要な源。

接触改質(せっしょくかいしつ、catalytic reforming)とは、石油精製において原油を蒸留することで得られたガソリン留分のオクタン価を触媒反応によって高めるプロセスのこと。リホーミングリフォーミング(Reforming)とも呼ばれている。

イソオクタン

2、2、4 -トリメチルペンタン俗称イソオクタン(主链の2位がメチルの「異」、2位が二つあるメチルの「新」。しかしその癖、まだ2を、2、4 -トリメチルペンタン「イソオクタン」)は、オクタンの一種の異性体。

イソオクタン
構造式 分子模型
IUPAC名 2,2,4-トリメチルペンタン
分子式 C8H18
分子量 114.23
CAS登録番号 [540-84-1]
形状 無色液体
密度と相 0.69 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 3.9(空気 = 1)
融点 −107 °C
沸点 99 °C
SMILES CC(CC(C)C)(C)C
出典 ICSC

イソオクタン (isooctane) はオクタンの構造異性体のひとつである。分子式はC8H18、IUPAC名は 2,2,4-トリメチルペンタン である。安定して燃焼するためオクタン価の基準となる。常温では無色透明な液体。

液体壁紙

液体壁紙は一種の新型芸術塗料、また壁紙塗料は、集壁紙やエマルジョン塗料の特徴を一身の環境に優しい水性塗料。液体壁紙に融合した東西文化的背景、西洋のロマンチックな哲学を伝承して、適切に東方文化は一種の文化の伝承、更に1種の芸術の発揚。

一次反応

アートワークorder reactionは、凡是反応速度とだけ反応物濃度の一乗に比例するの反応。例えば、過酸化水素分解反応:H 2 O 2係を用い→H 2 O 1 / 2O2

アルカリバラエキス

別名罗丹明B、ローズエキスなどはある鮮桃色の人工合成染料。溶液中で強烈な蛍光され、研究室で細胞の染色剤、蛍光色ガラス、特色の花火大会などの業界。かつてに食品添加物が、その後実験によってその発ガンし、今では許さない食品染色する。2012年9月、済南市村一夜に赤になったので、調べを発見、落ちて近くで高速道路の1袋のアルカリバラエキスによる。