プロメタエーテル

無色の液体。どんな匂いがエーテル。出会う光と空気が安定しない。易形成過酸化物で、振揺れたときに生じる爆発のため、使用前に発生の過酸化物用亜硫酸ナトリウム溶液処理。よく加入はベンジルアミノフェノール(p-Benzyl-AminophEnol)またはハイドロキノン作安定剤。とエタノールやエーテルに溶けて、水に溶けマイクロ。相対密度(d204)0.7258。融点- 60℃。沸点68~69℃。屈折率(n23D)1.3678。引火点(開杯)- 9℃。可燃性。刺激性の。

キュベット

キュベットは化学の実験に使う目視色度分析実験の主な機器に用いることができるざっと溶液濃度測定。

このプラスチックのキュベットは、DNAとRNA濃度を測定する際に分光光度計で使用される。penny硬貨はサイズ比較用に撮影した。

キュベット(Cuvette、セル)は、実験室用器具の一種である。多くの場合この器具はガラス製かプラスチック製もしくはクォーツ製の、一方が密封された正方形の小さなチューブであり、分光器での実験の際にこのチューブへサンプルを入れて測定を行う。最良のキュベットは可能な限り透明であり、分光器の測定に影響を及ぼす可能性のある不純物を含まない。試験管と同様にキュベットも、チューブの上側が外気と接触したままでは不具合のある試料の場合、ガラスもしくはテフロンの蓋を付けるかあるいはパラフィルムで封をすることで外気を遮断できる。

安価なキュベットは丸く、外見上は試験管と同じように見える。ガラスやクォーツほど透明でない使い捨てのプラスチックキュベットは、速度が精度よりも重要である実験において、高速に分光分析を行う場合によく利用される。

数種のキュベットでは、片側からもう片側へ一本の光線が通るように、対称の面だけが透明になっている。不透明な側はしばしば、隆起が付いているか、または手でつかむ部分として使いやすいようにでこぼこしている。蛍光分光法に使用するためのキュベットは4面全てが透明である。タンデムキュベットとして知られる数種のキュベットは、内側2/3までの高さのガラス仕切りがある。これは、2つの溶液が分かれている状態で測定した後、溶液を混合してから再び測定するためである。

円偏光二色性実験に使用するキュベットには絶対に負荷をかけるべきではない。負荷によりガラスが歪むことで偏光が生じ、測定結果に影響する可能性がある。

硝酸第マンガン

硝酸帝国は障害物の成分が含まれ锶マンガンCAS登録No .と硝酸锰20694-39-7の一種類の化学物質危険の特性:無機酸化剤。と還元剤、有機物や可燃物のような硫黄、リンや金属粉末などの混合を形成することができて爆発的な混合物。高温に分解し、デビュー猛毒の窒素酸化物ガス。

カラメル色素

キャラメル色れキャラメル、通称酱色Caramel、英語、ドイツ語を「カード拉麦数乳を考える」(karamelxucker)、フランス語で「苏克力、カラオケ麦列西」(sucrecaramelise)。カラメルは1種の食品では非常に幅広い応用範囲の天然着色剤、食品添加物の中の重要な一員。

キャラメル

カラメルソース

カラメルソースをかけたプリン

キャラメルカラメル (caramel) とは、砂糖や牛乳を煮詰めて作るキャンディ菓子やその材料のこと。語源はポルトガル語の “caramelo” に由来する。

「キャラメル」は、生クリーム・水飴・砂糖・バターなどを熱して溶かし、それを冷やし固めることで作るソフトキャンディの一種。また、生クリームを多量に用いて作られる「生キャラメル」がある。「カラメル」は、水と砂糖のみを熱して生じた液体(カラメル化)である。

核融合反応

核融合反応が主に助けを借りて水素同位体。核融合が生じない核分裂出現の長期、高いレベルの放射線を発生しない核廃棄物も、もちろん、温室効果ガスの発生しない、基本的な環境を汚染しない。

原子核物理学
CNO Cycle.svg

放射性崩壊
核分裂反応
原子核融合

原子核融合(げんしかくゆうごう、nuclear fusion)とは、軽い核種同士が融合してより重い核種になる反応である。一般には単に核融合と呼ばれることが多い。

原子核同士がある程度接近すると、原子核同士が引き合う力(核力)が反発する力(クーロン力)を超え、2つの原子が融合することになる。融合のタイプによっては融合の結果放出されるエネルギー量が多いことから水素爆弾などの大量破壊兵器に用いられる。また核融合炉によるエネルギー利用も研究されている。

核分裂反応に比べて、反応を起こすために必要な温度・圧力が高いため技術的ハードルが高く、現在のところ、水素爆弾は核分裂反応を利用して起爆する必要があり、核融合炉は高温高圧の反応プラズマを封じ込める技術開発が困難を極めている。

なお、具体的な放出エネルギー量や反応を起こさせる方法の詳細については核融合炉も参照のこと。

2 -塩化ビニール基氯

化学品の日文名称:1、3 – 3 -ジクロロプロペン化学英文名称:1、3-dichloropropene日文名称2 – 2 -塩化ビニール基氯英文名称2:技術マニュアルコード:121 CAS登録No .:542-75-6分子式:C3H4Cl2分子量:111.00第2部:成分組成信息/有害物成分CAS登録No . 1、3 – 3 -ジクロロプロペン542-75-6

次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウム、化学式NaClO、ナトリウムの次亜塩素酸塩。次亜塩素酸ナトリウムと二酸化炭素の反応の次亜塩素酸は漂白剤の有効成分。

次亜塩素酸ナトリウム
識別情報
CAS登録番号 7681-52-9
KEGG D01711
RTECS番号 NH3486300
特性
化学式 NaOCl
モル質量 74.44 g/mol
外観 白色の固体
密度 1.07-1.14 g/cm3 液体
融点

18°C (五水和物)

沸点

101°C (分解)

水への溶解度 29.3 g/100ml, 0°C
危険性
EU分類 腐食性(C)
環境への危険性  (N)
主な危険性 刺激性(-5%) 、腐食性(+10%)、酸化剤
Rフレーズ R31, R34, R50
Sフレーズ (S1/2), S28, S45,
S50, S61
関連する物質
その他の陰イオン 塩化ナトリウム
亜塩素酸ナトリウム
塩素酸ナトリウム
過塩素酸ナトリウム
その他の陽イオン 次亜塩素酸リチウム
次亜塩素酸カルシウム
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

次亜塩素酸ナトリウム(じあえんそさんナトリウム、sodium hypochlorite)は次亜塩素酸のナトリウム塩である。化学式は NaClO で、次亜塩素酸ソーダとも呼ばれる。希釈された水溶液はアンチホルミンとも呼ばれる。水溶液はアルカリ性を示す。

水酸化ナトリウムの水溶液に塩素を通じて得られる。不安定なため、通常は水溶液として貯蔵、使用される。水溶液は安定で長期の保存が可能だが、時間と共に自然分解し酸素を放って塩化ナトリウム水溶液に変化していく。また高温や紫外線等で分解が促進されるが、同時に不均化も起こる。

2NaOH + Cl2 → NaCl + NaClO + H2O

特異な臭気(プールや漂白剤の臭い)を有し、酸化作用、漂白作用、殺菌作用がある。

生成方法としては、上記の反応のほかに、海水を電気分解する方法もある。この方法は主に、臨海にある工場施設において用いられ、配水管などに海洋生物が付着するのを防ぐために使われる。2008年度日本国内生産量(12%換算)は 963,878t、消費量は 31,662t である[1]。 同様に、歯科医などでは次亜塩素酸ナトリウム水溶液の精製装置(食塩水を電気分解)を導入し、口腔内殺菌に利用している所もある。 電気分解法は機器が高額ではあるが、原料は食塩と水道水とわずかな電気であり、ランニングコストは非常に安い。

ベンゼンヘキサクロリド

ベンゼンヘキサクロリド、すべてはシクロヘキサン炭素原子の上の1つの水素原子に形成されて塩素原子の飽和化合物。英語略称BHC。分子式C6H6Cl6。構造式での分子の中で炭素、水素、塩素原子各6、みえるベンゼンの6つの塩素原子付加物。白い結晶、8種の同質異性体。666対昆虫が触殺、燻蒸と胃が毒作用、そのうちγ異性体殺虫効力最高、a異性体が次、δ異性体は次の効率の低い、β異性体。六塩化ベンゼン、酸が安定しており、アルカリ性溶液中や亜鉛、鉄、すずなどの存在下で分解しやすい、長期の湿気や日焼け会失効。

ベンゼンヘキサクロリド
γ-BHC(リンダン)
識別情報
CAS登録番号 58-89-9 (γ-BHC), 608-73-1 (異性体混合物)
KEGG C07075
特性
化学式 C6H6Cl6
モル質量 284.80
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

ベンゼンヘキサクロリド (benzene hexachloride, BHC)、別名HCH(hexachlorocyclohexane) とは、分子式 C6H6Cl6 と表される有機塩素化合物。シクロヘキサン環が持つ6個の炭素のそれぞれに塩素原子と水素原子がひとつずつ結合したもの。すなわち、ベンゼンに6個の塩素原子が付加した構造を持つ。

钼铁

モリブデンと鉄の構成の鉄合金、一般含モリブデン50~60%、防火製鋼の合金添加剤。钼铁1はモリブデンと鉄合金。それの主な用途としては鉄鋼でモリブデン元素の加入剤。モリブデン鋼に入れを持って均一な細粒鋼を組織し、鋼の焼入性にとっては、除去焼もどしもろさ。高速度鋼の中で、モリブデンの代わりに一部のタングステン。モリブデンとその他の合金元素配合一緒に広く応用生産ステンレス、耐熱鋼、耐酸鋼と工具鋼や、特殊な物理の性能の合金。モリブデン内容鋳鉄に増大とその強さの耐摩耗性。