消散する

消散する構造(dissipative structure)について「消費構造」の理論物理学における非平衡統計の1つの重要な新しいブランチは、ベルギー科学者イリヤ・プリー戈津(I.Prigogine)が20世纪70年代の提案は、この成果は、プリー戈津1977年ノーベル化学賞を受賞。ほぼ同じ時間、西ドイツ物理学者ヘルマン・哈肯(H.Haken)を研究対象から説明まで方法と消費構造に似た「協同学」(Syneraetics)、哈肯1981年アメリカフランクリン研究院迈克尔逊賞受賞。今、消費構造の理論と協同学、通常とは、自己組織化の理論。

硫酸ベリリウム

硫酸ベリリウムは白い粉末または正方晶係の結晶は水に溶けやすい、溶けない有機溶剤、猛毒で、1種の高い発癌性物質、人体に吸収後を引き起こす皮膚炎や潰瘍、皮膚肉芽腫など。工業用に制作ベリリウムの塩、陶磁器及び化学試薬。使用時に注意するべきで、水の汚染を避けるために。

硫酸ベリリウム
識別情報
CAS登録番号 13510-49-1, 7787-56-6(四水和物)
PubChem 26077
RTECS番号 DS4800000
特性
化学式 BeSO4
モル質量 105.075 g/mol
外観 無色結晶
密度 2.443 g/cm3(無水物)
1.713 g/cm3(四水和物)
融点

550℃(分解)

水への溶解度 28.5 g/100 g溶液(25℃)
構造
結晶構造 正方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −1205.20 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 77.91 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 85.69 J mol−1K−1
危険性
EU分類 猛毒 (T+)
環境への危険性 (N)
Rフレーズ R49, R25, R26, R36/37/38, R43, R48/23, R51/53
Sフレーズ S45, S53, S61
引火点 不燃性
半数致死量 LD50 0.5 mg Be/kg (マウス)[2]
関連する物質
その他の陽イオン 硫酸マグネシウム;硫酸カルシウム;硫酸ストロンチウム;硫酸バリウム
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

硫酸ベリリウム(りゅうさんベリリウム、beryllium sulfate)は、化学式 BeSO4 で表されるベリリウムの硫酸塩である。

硫酸ベリリウム

硫酸ベリリウムは白い粉末または正方晶係の結晶は水に溶けやすい、溶けない有機溶剤、猛毒で、1種の高い発癌性物質、人体に吸収後を引き起こす皮膚炎や潰瘍、皮膚肉芽腫など。工業用に制作ベリリウムの塩、陶磁器及び化学試薬。使用時に注意するべきで、水の汚染を避けるために。

硫酸ベリリウム
識別情報
CAS登録番号 13510-49-1, 7787-56-6(四水和物)
PubChem 26077
RTECS番号 DS4800000
特性
化学式 BeSO4
モル質量 105.075 g/mol
外観 無色結晶
密度 2.443 g/cm3(無水物)
1.713 g/cm3(四水和物)
融点

550℃(分解)

水への溶解度 28.5 g/100 g溶液(25℃)
構造
結晶構造 正方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −1205.20 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 77.91 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 85.69 J mol−1K−1
危険性
EU分類 猛毒 (T+)
環境への危険性 (N)
Rフレーズ R49, R25, R26, R36/37/38, R43, R48/23, R51/53
Sフレーズ S45, S53, S61
引火点 不燃性
半数致死量 LD50 0.5 mg Be/kg (マウス)[2]
関連する物質
その他の陽イオン 硫酸マグネシウム;硫酸カルシウム;硫酸ストロンチウム;硫酸バリウム
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

硫酸ベリリウム(りゅうさんベリリウム、beryllium sulfate)は、化学式 BeSO4 で表されるベリリウムの硫酸塩である。

王錦山

男は、1962年7月6日に生まれ、中国江蘇姜堰、化学家。上海交通大学の化学工業学院「上海交通大学緻遠講席教授」(Zhi Yuan Chair Professor)。1978~1982年在学于华东理工大学の高分子化学工業の専門を専攻して;1982~1985年華東理工大学の高分子材料の専門の修士の大学院生で、圣康教授は、1985年の修士の学位を取得し、同じ年の学校に赴任。

配位子場理論

配位子場理論は説明と解釈配位化合物の構造と機能の理論。ある配合物で、中心イオン(通常もセンター原子)あたりを一定の対称性の分布の配位子に囲まれて形成する構造のユニット。配位子場は配位子にセンターイオン(ここの多くは、遷移金属錯体)作用の静電勢場。配位子からさまざまな対称性の配置として、様々なタイプの配位子場、例えば四面体配位化合物の形成の四面体場、八面体配位化合物の形成の八面体場など。

配位子場理論(はいいしばりろん)とは、金属錯体のd 軌道の分裂を、「金属のd 軌道と配位子の軌道との間の相互作用」によって説明する理論。

スルホキシド

スルホキシド、を含む亜硫黄アシル(> S=O)官能基1種類の有機化合物は、硫黄酸化をエーテル。ありふれたスルホキシドが塩化スルホキシトやジメチルスルホキシド、フェニルスルホキシトなど。

スルホキシドの一般式

スルホキシド (sulfoxide) は有機化合物のうち、2つのアルキル基がスルフィニル基 −S(=O)− に結合している一群の化合物を指す。スルホキシドは酸化されたスルフィドと考えることができる。”sulphoxide” というスペルも使われたが、IUPACではこれを推奨していない。

天然に存在するスルホキシドにはアリインがある。

硫酸ヒドロキシルアミン

化学品の英文名称:hydroxylamine sulfate。日文名称:硫酸胲2。分子式:H8N2O6S ;分子量:164.15。を用いて分析試薬、還元剤、映画や写真現像する薬にも使われ、有機合成。本品に係るメトヘモグロビン血形成剤。吸入や経口後出現チアノーゼ、痙攣や昏睡。目や肌に刺激性の。

配位化学

配位化学研究金属の原子やイオンと無機・有機的なイオンや分子相互反応形成配位化合物の特徴およびそれらの結合、構造、反応、分類と調製学科。

錯体化学(さくたいかがく、英語:complex chemistry)とは金属錯体を研究する化学であり、無機化学の根幹領域のひとつでもある。 古くは錯塩化学(さくえんかがく、complex salt chemistry)や配位化学(はいいかがく、coordination chemistry)とも呼び表された。

ピロ亜硫酸ナトリウム

ピロ亜硫酸ナトリウム白または黄色結晶粉末や小さな結晶、強烈なSO < sub > 2 < / sub >匂い比重が1 . 4、水に溶けて、酸性の水溶液、強酸接触は放出SO < sub > 2 < / sub >相応の塩を生成し、長く置く空気の中、は酸化割Na < sub > 2 < / sub > S < sub > 2 < / sub>>6 O < sub < / sub >ので、この品は長く保存。150℃以上、つまり分解SO < sub > 2 < / sub >。

ピロ亜硫酸ナトリウム
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 7681-57-4 チェック
PubChem 24346
EINECS 231-673-0
RTECS番号 UX8225000
特性
化学式 Na2S2O5, Na-O-(S=O)-O-(S=O)-O-Na
モル質量 190.107 g/mol
外観 白色の粉末
密度 1.48 g/cm3
融点

150℃以上で分解

水への溶解度 54 g/100 ml
危険性
MSDS Mallinckrodt MSDS
EU分類 有害性 (Xn)
刺激性 (Xi)
EU Index 016-063-00-2
Rフレーズ R22, R31, R41
Sフレーズ (S2), S26, S39, S46
関連する物質
その他の陰イオン 亜硫酸ナトリウム
亜硫酸水素ナトリウム
その他の陽イオン ピロ亜硫酸カリウム
関連物質 亜ジチオン酸ナトリウム
チオ硫酸ナトリウム
硫酸ナトリウム
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

ピロ亜硫酸ナトリウム(ピロありゅうさんナトリウム、英: sodium metabisulfite)は、化学式Na2S2O5で表される無機化合物。二亜硫酸ナトリウムメタ重亜硫酸ナトリウムとも呼ばれる。還元性があり、食品用漂白剤やワインの酸化防止剤、化粧品原料などに使用される[1]